| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
7回目のPTNAピアノステップ、楽しく無事終了しました!!

 

昨日はタウンニュースホールで、楽しく

PTNAピアノステップ秦野地区を終了することができました。

演奏者の皆様のがんばり、そして関係者の皆様のサポートのお陰で

素敵なコンサートになり

心から感謝いたします!ありがとうございました!!

 

きっと自分で演奏して感じたことはたくさんあり

また、アドバイザーの先生方の講評を見て、思い当たることもあり

すごくお勉強になったと思いますが

私からも、

これから、これを気をつけるともっとよくなるかも!ということを

一言だけ書きたいと思います(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノの音を出そう、と思うと

急に弱弱しいというか、抜いてしまう人が結構いるんです。

特にフォルテである程度弾いた後、ピアノになると

音が小さくなる、、、ではなくて、ふにゃふにゃになる。

フォルテ=力を入れる

ピアノ=力を入れない

 

というふうに

勘違いすることが多いんですね。

 

初めて楽語としてPを習ったときの訳が、

弱く、だからいけないのかなあ。

小さい音でしっかり弾く、というのと

弱く弾くっというのは

音の輝きに雲泥の差があります。

 

ちょっとかんがえてみて下さい。

10メモリの入れ物があったとして

10メモリの半分の音を弾こうとします。

5メモリは捨てないといけないんです。

その時、貴方は

捨てる方の5メモリを表現するのか

それとも残ったほうの5メモリを表現するのか

ということです。

 

同じ5メモリでも、意味は全く違います。

残った5メモリは、大変大事な役割があるということです。

 

 

なので、

ピアノの音をどの位弱く弾くか、ということより

常に、ピアノの音をどのようなタッチで弾くか

という前向きの発想を常に心がけてみてください。

そうすれば、途端に

ピアノの音は非常にポジティブに生きた音になり

魅力的な輝きを発するようになることでしょう。

 

 

 

 

素敵な根津栄子先生のワンポイントレッスン

               ↓

 

 

 

 

 

さあ、また、次の目標に向かって頑張って下さい(^^♪

 

たくさん撮ったクレッセントの写真をお楽しみくださいね💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|17:35| 石井晶子関係のイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
効果抜群を実感♬ ソルフェージュの力

先日、小学校3年生になったばかりのAちゃんのレッスンがありました。

彼女は普段からピアノもソルフェージュもこつこつとしっかり勉強するタイプで、

特に、ソルフェージュで提出するノートの美しさは、4年生のRちゃんと双璧です(^^♪

 

毎日欠かさずきちんと書いて、ミスも少なく、難しいことも確実に覚えていきます。

 

 

 

 

その彼女に、

「今度の発表会の曲、考えているんだけど・・・

 ちょーっと難しいかなあ、とも思ったんだけど・・・」

 

 

ニコニコ(^^♪

   あれっ?余裕だなあ

 

「こんなにフラットがあるんだけど・・・」

 

楽譜を見せる。調号は♭4つ  変イ長調

ちらっと弾いてみる。

  (そうそう、ショパンのポロネーズ遺作 変イ長調♪)

    

 

 

ニコニコ(^^♪

 

え?  フラットが4つもあっても平気?

 

「うん、平気。この曲好き❤」ニコニコ

 

 

 

そうかー

あーーそうだよねえ。

そういえば、今

ソルフェージュでは♭4つ、♯4つまでのスケールとカデンツと移調奏とやってるものねー

だから簡単だよねー

 

 

毎回みんなが弾いている調は

 

ハ長調・イ短調  調号無し

ト長調・ホ短調  調号♯1つ

ニ長調・ロ短調  調号♯2つ

イ長調・嬰へ短調 調号♯3つ

ホ長調・嬰ハ短調 調号♯4つ

ヘ長調・ニ短調  調号♭1つ

変ロ長調・ト短調 調号♭2つ

変ホ長調・ハ短調 調号♭3つ

変イ長調・へ短調 調号♭4つ

 

 

 

 

 

これだけすらすら弾いていて、

それ以外にも彼女は自主的に♭5つ 6つ 7つ・・・・

とかお勉強しているから

♭が4つ位は、頭がくらくらしないっていうことなんですね。

 

 

 

 

大人が、例えば、♭6つとか♯7つの曲を練習しようと思ったとして

結構面倒くさい、というか、わー大変そうと最初はビビると思います。

それが小学校3年生になったばかりじゃ、♭が2つでも普通はわー大変!

になると思うのですが

やっぱり慣れているというのはすごいことです。

 

 

♭4つくらいでは驚かない。

普段からノートでその調は書いて慣れ親しんでいて

彼女にとっては

ごく普通に見えたりするのでしょう、きっと。

 

 

4才からソルフェを勉強している彼女。

小さい時は心配性で、すぐに泣きべそをかいていたのが嘘のように

今は自信を持って、見違えるようです。

 

 

美しいノートの写真は、毎年クレッセントの表彰式の時に

ノート大賞を受賞している

一つ学年が上の、Rちゃんのノートです(^^♪

Rちゃんのクラスは全調を勉強しています。

 

 

 

 

 

|12:22| ピアノクラス風景 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
効き目抜群の発表会効果♬

 

体調の悪いのが続きましたが、

以前のような気力や体力がすっかり戻ってきて

今年もともとやる予定だったのに決心仕切れなかった発表会を

急遽行うことにしました(^^♪

 

 

ずっと先ではあるけれど

12月14日(土)海老名市文化会館大ホールです。

2年に1度の割合で開いてきて、

今回第15回目になるので

発表会を始めてからもうかれこれ30年になるんですね。

 

 

私もこういう展開になると思っていなかったし

生徒の皆さんも保護者の皆さんもびっくり!(@_@)だったはずなので

どんなふうにリアクションが来るかなあと思っていましたが

予想以上に発表会の効果が高いことが分かりました!

 

うちお教室は、常にコンクールを控えている生徒さんが多く

だったら発表会なんて・・・

 

なーんて、私が勝手に思っていましたが

やっぱり違うようですね(^^♪

 

みんな、俄然気合が入って、

さあ、目標に向かって少しずつ着々と練習していこうかなという

気合がすごく垣間見れて、すごく嬉しいです。

私も気合が入ったし・・

 

そうかあ、やっぱり

発表会は楽しいんだ・・❤

 

なんて、15回目を迎える人が言う言葉ではないですね(笑)

でも、改めて感慨☆彡

 

 

なんでかなー、って考えると

クレッセントの発表会は

ピアノのソロをみんなが代わる代わる弾く、というだけの発表会ではない。

必ずみんなで作り上げる演目があるっていうことではないかと思います

だから、コンクールで弾く本番がたくさんあるから発表会は不要ということにはならないんですね。

 

🌸要するに楽しい。作り上げる悦びや素敵な思い出がたくさん出来る、ってことでしょうか。

 

 

 

 

 

今回の内容は3本立てです。

 

ピアノソロ

   お客様やお友達に喜んで頂ける、素敵でかっこいい曲を披露します。

   もう、その生徒の個性を最大限に生かせる曲選びをしています(^^♪

 

2台ピアノとアンサンブル

   海老名の文化会館を借りたのは2台ピアノがあるからです。

   ふだんなかなか挑戦できない2台ピアノをいっぱい経験しましょう(^^♪

   私も前に演奏会で何回もやりましたが、本当に楽しかった!

   連弾もいいんだけれど、連弾にないダイナミックな陶酔感ってありますよ!

 

 

 

 

それから、これこれ

 

音楽物語 今回は演目が2つあります。

 

   一つは小学校3年生以下による  

  「ピーターと狼」のリトミックの小さな音楽劇

   今年からプチソルフェージュクラス(年少さんのクラス)が始まって、

   その子たちが小さくてあまりにかわいいので 

   何か参加できないかなあと思っていて見つけました。

 

   あの難しい、でも面白い音がいっぱいの、プロコフィエフのピーターと狼を

   簡単にしたバージョンで

   ピアノはBクラス(小2・3)に弾いてもらい

   ナレーションをAクラス(幼・小1)にしてもらい

   プチの子供たちには、アヒルや猫やピーターの真似をしてもらってお話を進めます(^^♪

 

                

       

   もう一つは小学校以下全員による 「スノーマン」 

   私が発表会で初めて音楽物語をやったときに使った、懐かしい演目なんです。

   それを、バージョンアップして、より楽しく仕上げます。

   主役の男の子とスノーマン(雪だるま)は配役を決め

   かなり難しいピアノはCクラス(小4〜小6)に弾いてもらい

   プチからBクラスまでは、パーカッションアンサンブルやダンスや合唱で参加します。

  

   今年は早めに練習始めるから、少しずつ楽しくやっていこうね(^^♪

 

 

 

 

 

今、教室のホームページが動いてないので、

ここでお知らせさせて下さい(^^♪

    (HPは夏前にはリニューアルオープンする予定です!)

 

 

クレッセントに前から興味あるなあ・・・と思って下さっている方々へ

発表会の練習が始まる前に、是非クレッセントでお勉強を始めませんか?

今受付できるのは 

 

矢印

プチソルフェージュクラス(幼稚園年少さんのクラス)

   みんなで歌ったり踊ったりリズムで遊んだり、楽しく過ごすうちに

   知らないうちに音楽の基礎が見についていくように指導しています。

   4月から始まっていますが、途中からの参加、全く可能です!

 

 

矢印紫その他の年齢の方々(年長さんから小・中学生はもちろんのこと、大学生以上まで)

   個人レッスンでも、ソルフェージュクラスでも、少人数、受け付けることができます(^^♪

             

 

個人のピアノの腕はもちろんのこと

アンサンブルの能力、純粋な音楽の悦び、人と合わせる協調性、主張出来る精神力、考える力

多方面から、音楽を通して、

総合的に音楽力・人間力が高まることを目標にして日々、指導を行っています。

 

 

ご興味のある方は是非これを機会にまずアクセスしてみて下さい。

ご相談に乗ります。体験も出来ます。

passepied62●tbe.t-com.ne.jp の●を@に変えて

件名「クレッセント音楽教室 問い合わせ」 にてお知らせ頂ければ対応いたします!!

 

 

 

 

 

|07:17| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
安定感のある演奏と魅力のある演奏

 

だいぶ経ってしまいましたが、

先日かながわ音楽コンクールユース部門の本選が終わりましたね。

今年は残念ながら生徒が本選に残らなかったので

聴きに来た生徒もちらほらで、ちょっと寂しかったですが

それでも、来年受けたい!と思っている生徒たちはしっかり勉強に来ていました。

聴くことによって焦りに来た・・・というべきかもしれないが(^^♪

なぜか男の子ばっかり

(前半、あゆかちゃん来てたよね♪)

 

 

 

私も高学年の部から高校生の半分を聴かせて頂きました。

 

まあ、それで思いついたことをちらっとだけ書いてみますね。

幼児から小学校中学年までは

本選でも課題曲を披露します。1次と2次で弾いてきたものなので、もうすっかり手の内に入っているわけです。

 

ところが、小学校高学年から上は、

本選は自由曲になります。

 

課題曲と自由曲の違いは

普通に考えるよりも大きな相違があります。

 

 

■課題曲の場合は、普段練習しているものより簡単か、ぴったり身の丈にあっているものを

100%の完成度で仕上げていく・・

ということだと思います。

基礎が出来ていて安定感が大事になってきます。

 

■自由曲は、まず、曲が長いこと、そしてみんな身の丈よりだいぶ背伸びをして選曲していることから

いろいろと欠点も出やすく

完成度があれっと思うほど低くなります。

全体的なレベルは1次2次より下がり

もちろん、その中で完成度高く演奏した人が入賞するわけです。

応用が効いて、変化に富んだ、魅力的な演奏をしないと

長時間聴いている方の集中力を集めることはできません。

 

 

 

 

短い曲をきちんと仕上げることと

長い曲を聴かせる演奏をする

というのは

昔で言ったらフィギュアスケートの規定演技とフリー演技位違う話です。

(相当古いかも・・今は規定演技はないですものね)

そういえば

浅田真央さんは規定が苦手でフリーが抜群、という典型的な方でしたよね(^^♪

 

 

 

 

私は、だからいつも生徒にこう言ってます。

「課題曲コンクールと自由曲コンクールは

勉強する内容が違ってくるので、どちらかに偏ることなく

かわりばんこに受けたらいいよ☆彡」

 

 

中学年から高学年になるのはは大きな過渡期です。

ここを上手に乗り切って、高学年以上になってもすくすくと伸びていくには

小さいころからそれを見越して

いろいろな角度の試練を受けた方がよいということの話に尽きると思います。

 

さて、皆さんはこれから本番が続きますね。

魅力的な演奏家になれるよう

それぞれに目標をもって

練習頑張って下さいね!


 

 

 

 

 

|17:04| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
かわいいかわいい野菜苗のおはなし🌸

今日の写真は

私が育てている野菜の苗たち☆彡

     ↓すいか

 

 

4月2日に発熱して以来、3週間ほど毎日熱が続き

発疹や腹痛もおこし、

私は一体どうなっちゃったのかな?

と思いながら、仕事も半分休ませてもらって

のらーりくらーりと過ごさせて頂いてました。

 

GW明けから少しづつ食欲も戻り

体力・・というより気力の方が無くなっていたのが

少しずつ復活してきて

まだ波はありますが

だんだん前のような感じに戻りつつあります。

 

 

   ↓バジル (トマト苗の横に植える予定)

 

昨日の検査結果でも

結局原因は不明で、数値が改善されていることから

無罪放免?!になりそうな感じです。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした!

 

しばらくは、無理するつもりはないですが

またよろしくお願いします。

 

 

 

こういう状態になった時って

最初はじたばたするんだけど

長期間になってくると

だんだん、諦めのような、達観?した感じが出てきます。

いい意味でも悪い意味でもね。

まあ、人生のんびりやろうか・・・みたいな。

時間がゆっくり過ぎていく・・・というか。

そんな時、ふと今までと違うことを自分なりに見つけることもあるんですね。

 

 

   ↓ キュウリ(左がバテシラズ3号、右は四葉キュウリ。

           どちらも上手くできれば逸品です☆彡)

 

 

体調のせいで菜園にしばらくいけない日が続き

かといって畑に行く気力体力はないし

ああ、種蒔きしないと適期を逃がすし、どうしようと思ったときに

今迄まった興味のなかった育苗(自宅での)をすることを始めました。

家でポットやセルトレイに種蒔きして苗を育てることです。

 

 

    ↓マリーゴールド  トマトやナスの害虫除けで畑中にたくさん植えます(;'∀')

 

 

まず、ポットに土を詰めます。

下の方には培養土をいれて上の方は赤玉土をいれます。

芽が出るところに栄養が多いと、タネが上手に発芽しません。

栄養っけが全くない方がうまく行くんです。

そして根が伸びると、一生懸命栄養のある方に根を伸ばすので

結果的に根が良く伸びていい苗になります。

根っこが自分で考えて、リサーチして、見えないはずのそちら側に根を伸ばしていくわけです。

やみくもに根っこを張るわけではないのですね。

すごいなあ。

この作業をのんびり少しずづやるんです。

(というのはこれしか動けないんですね)

 

 

 

そして根が出た後(これは私には見えないけど)発芽するんです。

4日位から1週間もっとかかる時もあるけれど

それを気長に毎日覗いて見てるんです。

きながにきながに・・

 

ちらっと芽らしきものが顔を出して

ゆっくりゆっくり伸びていきます。

大体苗づくりには1か月位かかることが多いので

それを毎日覗いて観察するんです。

その日によって、とか、その野菜の種類によって

お水の上げ方も変わってきます。

様子をみながら、匙加減をするわけです。

 

ゆっくり時間が過ぎているときには

これは本当に楽しみで、だんだん大きくなっていく姿は

子どもの成長をみたり、生徒を育てたりするのとまるで同じ感覚ですね。

 

実はしっかりした苗を作ると、

そのあと畑に定植した時の成長が目を見張るものがあります。

大きくなった姿しか私たちはふだん目にすることはありませんが

その育った野菜は

苗の良し悪しで70%決まってしまうという話も聞きます。

 

 

   ↓ 赤トウガラシ 昨年出来たものの自家採取のタネから

 

 

 

そう考えると

子どもたちを育てるのとすごく似ていますね。

お教室でしっかり子供たちに指導したものが(苗づくり)

どんなふうに外に出た時に開花するのか(定植)

それは本当に楽しみなことです。

きながーにきながーにね(^^♪

 

ひょんなところから

違うものが見え、

ひょうんなところから

違うものに興味を持ち

でもそれは根っこですごく繋がっていたりして・・・

 

本当に人生は何がどう転ぶか分からないので面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

|09:14| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
クレッセントのYou tube 180万回突破記念☆彡

初々しい春の菜園のプレゼントたち

2009年に初めて登録して

クレッセントのチャンネルの登録者の数が1000人を超えたらお祝いしよう・・・ずっとと思っていて

のんびりしていたら、あらあらもう1035人を超えてしまい、

それに総アクセス回数もちょうど180万回を突破したので

ここで、ちょっとけじめで

クレッセントのYou tubeのことをまとめることにしました。

 

 

もちろん、みんな素敵な演奏ばかりなんだけれど

433本もあるYou tubeのうち

特に、今現在もクレッセントで頑張っていて

おおよそ3年前以内の演奏で

3000回を超えていて

尚且つきらきらした完成度の高い動画を

お披露目することにします。

 

 

 

ここ最近、

体調が不安定で芳しくないところにきて

いろんなことがあり過ぎて

なんだか心も身体もウロウロしているのを

まずきちんとするのもいいのかなと思いました。

Kちゃんのお母さんも聴いていてくれるかな。。

聴いていてくれるといいな・・

 

 

これを目標にして

またみんなが個々に頑張ってくれればいいなあと

期待しています☆彡

 

 

今年初収穫のカモミール↓  生茶で頂きます。

 

 

 

 

■鈴木凛

ブルクミュラー  素直な心/アラベスク/無邪気/狩り

りんちゃんが年長さんの時の演奏だけど、年長でこんなに頑張っていたんだなあと感動。

 3年前 3万回  

  

■鈴木凛  

チャイコフスキー 新しいお人形・甘い夢

りんちゃんがクラコン低学年の部本選で弾いたロマンチックな演奏♪

  2年前 1.9万回

   

 

 

■北原香菜 

バッハシンフォニア第6番 BWV792

かなちゃんが小学校の時に弾いたシンフォニア。バッハはいつも先を行ってたよね♬

  3年前 1.3万回

   

 

■多田衣織  

ブルクミュラー アジタート op.109-8

いおりちゃんがPTNAコンペの本選で弾いた時の演奏。アジタート雰囲気出てたよね♪

  1年前 1万回 

   

 

■橋口葉 

クレメンティソナチネop.36-4 /グレチャノフ 初めての舞踏会

よう君がクレッセントに来て初めて受けたコンクールだったね。楽しそうだったね♪

  1年前 8千回  

   

 

■多田衣織 

スカルラッティソナタ K.406 L.5 ハ長調

この曲は学生音楽コンクールの課題曲だったよね。すごくかっこいい演奏でした☆彡

  1年前 7千回

   

 

■丸岡花珠 

ベートーヴェンソナタ第6番 第1楽章op.10-2

初めて受けたクラコンだったね。思い切りのいい演奏スタイルが魅力です(^^♪

  1年前 6千回

   

 

■佐部利有真

カバレフスキー スロヴァキア民謡による変奏曲 Op.51-3 ニ短調

初めて受けたクラコンで全国まで行って第4位を頂けましたね。深いタッチが彼らしい♬

  1年前  5千回

    

■北原香菜 

シュコフスキー15の練習曲 NO.6Moszkowski Op.72-6

学生音楽コンクールの課題曲を練習したんだよね!繊細な指さばきが素敵でした!

  3年前  5千回

   

 

■多田衣織

ショパン ボレロChopin Bolero Op.19

クラコンの全国大会で第4位を頂いた時の演奏。この曲は難しくて練習が大変だったよね☆

あとで熱が出て大変だった時の演奏と聞いてびっくり。

  2年前 5千回

   

 

■北原香菜 

ショパン 3つのエコセーズ Op.72

かなコンの課題曲だったね。見事に弾き切りました☆彡

  2年前  5千回

 

 

■多田衣織

モシュコフスキーエチュード 20の小練習曲No.20

コンペの課題曲で弾いたんだよね。切れ味抜群でした♬

  2年前 4千回

   

 

■丸岡花珠

ドビュッシー”ピアノのために”よりプレリュード

クラコン全国大会で第5位を頂いた時の演奏。素敵な演奏でした!

  1年前 4千回

    

 

■渡邉 樹 

モシュコフスキー  タランテラ

クラコン全国大会で第5位を頂いた時の演奏。この曲、ショパコンでも課題曲だから人気曲なんですよね☆

  4か月前 4千回

    

 

 

■多田早織 

メンデルスゾーン 無言歌集より 紡ぎ歌 Op.67-4

かなコンで弾いた演奏。すごく鮮明に記憶に残る演奏でした!

   2年前  3千回

    

 

■荒井大河

演奏会用練習曲(中田喜直)

初めてのクラコンで全国大会第5位を頂いた時の演奏。遅刻ぎりぎりで飛び込み演奏だった、よく弾き切ったね♬

   1年前  3千回

 

     

■北原香菜

バッハ平均律第1巻第3番/モーツァルトソナタk.333変ロ長調 第1楽章

平均律第1巻の中でも難曲のこの3番とモーツァルトで最も美しいソナタ333をよく弾き切りました!!知的な彼女の真骨頂♪

   1年前  3千回

     

 

  

 

 

 

 

   

|16:17| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
<< | 2/79 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.