| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
You tube 一気に15本公開しました(^^♪

昨日の新聞に、

子どもたちがどこにも行けない、することもない、

なのでゲーム依存症になる危険性が高いということが載っていました。

まあ、これはコロナ騒ぎが始まった当初から心配されていた、

また予測されていた事態です。

本当に将来的にマズい状況ですよね。。。

 

 

ここで考えるに、

人間は本当にいつも動いていないと、何かしていないとダメなんだということです。

 

 

停滞するということは、休養をするということとは全然違います。

休養は、なにか大変に頑張ったあとに行う、必要のある、とても大切なことですよね。

でも、停滞というのは、頑張っても無いので、充実感 がないんです。

頑張ったから休みが楽しい。休んだから、また頑張ろうという気持ちがしてくる。

こういう姿が一番健全で健康的だと思います。

 

自然界では、動かないものは必ずコケが生えてきます。

常に動いていないと、身体も頭もコケが生えてくる、と考えても全くよいのではないのかな。

だって、人間も自然の一部なのですから・・・

コケが一度生えると、落とすのは大変です。

なので、生えないようにするのが一番なんです。

 

 

今日は、クレッセントの 勉強会のYou tubeをアップします。

余りある時間を、少しでも刺激をもって過ごして頂ければ幸いです。

 

 

ミスが目立って残念!だからアップできなかった!

という素敵な演奏はこの他にもたくさんあって、

それはそれは残念だったのですが

いつかリベンジしてもらいましょう(^^♪

 

ベートーヴェンのパイジェルロ、バルトークのロンド

ドビュッシーの雨の庭、ベートーヴェンの告別・・・・ほか

すごく素敵でしたよ!!

 

 

漆畑杏紫 

   メヌエット(L.モーツァルト)&トルコのおどり(ローレイ)

 

 

加藤葵

   ソナチネ8番第3楽章 Op.36-2(クレメンティ)& ゴンドラの船頭歌(ブルクミュラー)

 

 

古川諒 

   手折られた潮騒(三善晃)海の日記帳より

 

 

眞壁秀明 

   ヘンデル プレリュードト長調

 

 

肥田華乃

   モーツァルト 6つのウィーンソナチネ第2 イ長調 全楽章

 

 

吉川遼 

   J.S.バッハ 6つのプレリュードより第6番 BWV 938 ホ短調

 

 

丸林怜夢 

   ハイドン ピアノソナタ第43 変ホ長調Hob.XVI-28 1楽章

 

 

安食慶優

   J.S.バッハ インヴェンション9 &

   バルトーク ミクロコスモスsz.107より 100番民謡風に 102番ハーモニクス

 

 

橋口葉 

   グリーグ ホルベルク組曲 より 第1曲 “前奏曲”Op.40-1

 

 

重田理央 

   ハイドン ピアノソナタ 62 変ホ長調 Hob.XVI-52 1楽章

 

 

上野貴史 

   ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 「熱情」 第3楽章 Op.57

 

 

北原香菜

   ラヴェル「鏡」より道化師の朝の歌

 

 

北原香菜 

   モーツァルト/ピアノソナタ 18 ニ長調 1楽章 K.576

 

 

北原香菜 

   J.S.バッハ 平均律第2巻第1 ハ長調 BWV.870

 

 

三友優 

   リスト 巡礼の年 2年補遺:ヴェネツィアとナポリ第3 タランテラ S.162-3

 

 

 

 

この他にもたくさん動画がご覧いただけます

登録して頂くと、新しい動画がアップされるとすぐにお知らせがいくようです☆彡

      ↓

クレッセントのチャンネルはこちら

 

 

 

さあ、みんな、

いつ収束するか分からない、出口の見えないトンネルを彷徨っていると思うけれど

見えなくても進まないと、トンネルを出ることは絶対に出来ないので

頑張って歩いていきましょうね☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|11:14| クレッセントのイベント | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
新年度を迎えるにあたって。クレッセントの決意表明??

もうすぐ3月もおしまいですね。

 

私は3月4月がとても苦手で

昨年もこの時期自律神経失調症でだいぶ大変な思いをしましたが

例に漏れず今年もそのような感じはあります。

まあ、毎年の事なので、上手に付き合っていくしかないのですが・・(;’∀’)

 

 

確かに

この芽吹きの時期が、身体があまり強くない人にとってはきつい時期なのですが

それだけでなく、この時期は

いろいろと生活や仕事に変化の激しい時期でもあります。

 

クレッセントも、コロナがらみもあり、去っていく人もいました。

中学生に上がることで、今までのように熱心にピアノの練習を出来なくなる人もいれば

受験で塾にはいるからペースダウンという人もいます。

私からすれば、ここまで力が付くように精一杯努力したのに・・

というちょっと悔しい思いがありますが

でも、その子の長い人生にすれば

「ピアノは人生の一時期の一部分」という子がいたとしても、

それはそれで当然のことと思うので、

私は自分の中で気持ちを整理するしかありません。

 

おそらくほとんどの指導者の方々は、

この時期、こういう思いをしていることと思います。

ただでさえ、コロナのことがあって気が滅入るのに

大変ですよね。

 

 

 

でも逆に

やる気満々のキラキラした目で入会してきた人たちもいます。

 

「明日はレッスンかと思うとワクワクする!」と言ってくれる3歳の子がいて

 

「中学校に入っても部活をやらないでピアノを頑張るんだ」と固い意志で入ってくる小6の子もいました。

 

中学に入っても部活をやらないでピアノに燃えるという男子が2人もいます。

 

高校受験をするのに半年ピアノをお休みしていた子が、

迷って迷って、でもやっぱり

忙しい高校生活の中でも少しずつでも続けていきたい!ピアノ好きだから!と復帰する子も多く

 

学校の音楽の先生をやりながら、ピアノに燃えたいという人もいます。

 

時は流れ、

でも、人生は繰り返し繰り返し。

 

 

 

 

クレッセントでは

4月から高2になる生徒が3人います。

 

一人は趣味で楽しく続けていますが

あとの二人は音大受験を決心し

2年後に第1志望で国立G大を受けることに決めました。

これからの2年足らず、無駄なく効果的に力をつけて、長期計画を立てて

じっくりやっていきたいと思っています。

スタミナも気力も根気もいる、

でも、とてもやりがいのある仕事です。

 

いろんなことが

いろんなふうに変化し

そして迷っていたところにはっきりと道が出来て

そうなるまではなかなかのストレスなのですが

また気持ちを新たに

これから、充実した毎日を過ごせていければなあと思います。

 (自分に言い聞かせている笑)

 

 

 

 

そして、

クレッセントに在籍している生徒たちの今年の目標が出来上がりました。

全て、生徒の希望を第1優先にして、お母さまと私と、みんなで相談して決めたものです。

 

************************

 

PTNAステップ秦野地区  18名

地元の音楽祭オーディション  4名

PTNAコンペソロ  12名(A1級、B級、C級、D級、F級、G級)

PTNAコンペ連弾  4組 連弾初級B(1組)初級C(1組)中級B(1組)上級(2組) 

全日本学生音楽コンクール  3名(小学生の部、高校生の部)

日本クラシック音楽コンクール  6名

 

************************

 

生徒たちはコロナにも負けず、とても力強く前進しています。

すごいなあといつも思います。

私も頑張らねばと思う毎日です(^^♪

 

 

 

 

ソルフェージュの幼児クラス、とても楽しく発進しています。

すごく楽しそうですよ!

刺激満点のウキウキのクラス。

5月位までに入って頂ければ遅れは取らないと思います。

一枠、受付できますので、是非チャレンジしてみて下さい。

体験、もちろんOKですので💛

 

 

 

|10:51| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
クレッセント勉強会♪ 熱演続出でした

 

 

世の中がどうも落ち着かないですが

クレッセントでは勉強会を行いました。

 

参加されない方が1人だけいらしたのが残念ですが

もちろんこういう時は

本当に、それでも弾きたい、という強い希望のある方だけが参加すればいいと思っているので

無事に終了出来て

そして出演の生徒さんたちは、すごく熱演して

充実のひと時を過ごすことができて

心からほっとしました。

終了するまでの何日間か

今までと違う緊張感が私の中にあって

なんだかすごく疲れましたが・・

 

小1 あゆかちゃん

 

 

何回かブログに書いていると思いますが

私は生徒の、その成長した演奏を聴くのが大好きで

もちろん、これからはここを重点的に勉強するといいなと、分析しつつ

練習を一生懸命してきたことが、

本番で初めて開花するその瞬間を毎回楽しみにしています。

 

何人か、You tube にアップするのいい演奏があったので

そのうち載せたいと思いますが

まだ、音源が揃っていないため

楽しみにしてお待ちくださいね(^^♪

 

今回は、長く時間演奏することが出来る人が増えました。

長く弾くと、必ずその間に緊張感が切れそうになる時が来るのですが

もちろん、それに耐える集中力のある人はすごいし、

それで切れちゃってもすぐ挽回できることはすごいことで

切れちゃってそのあとボロボロ、という子が誰もいなかったのは

練習量の豊富さによるものと思います。

 

小3 ひであき君

 

この3月は

学校にも行けないし、かと言って、外に遊びに行くのも

ちょっと憚られるところがあるので

どうしても家にいる時間が長くなりました。

春休みの時間割を立てて

提出したものを見ると驚くことに

午前2時間、午後2時間(合計4時間)で練習を書いてくる生徒はざらで

朝昼晩と2時間で6時間入れてくる子も何人かいて

こちらがびっくりさせられました。

 

小3 あおいちゃん

 

考えてみれば

いつも学校で6時間授業をしている子は

その他にピアノを2時間練習したと考えると

8時間は拘束??されているわけで

その学校の無い時に、4時間、6時間といれるのは

そんなに苦なことではないのかもしれません。

 

それでも私は驚いた!!笑

 

小3 まことちゃん

 

 

ピアノはやることが膨大なため

 

もちろん練習の質は圧倒的に大切ですが

量がこなせる、ということは

その、質の高いものを定着させる、維持するためにも

重要なことなんです。

 

それには体力も要ります。

それに、基本的に好きでないと続きません。

また、問題意識があり、常により高いものを目指す向上心もいります。

いくら好きといっても、苦手なことを練習するのは誰も好みませんから

それでも必要だと自分に言い聞かせる

分析力と、忍耐力も必要ですね。

 

小3 ゆうま君

 

 

これだけのことを

小学校から出来ることはすごいことですが

これが出来たら

本当にこれから、何を目指しても、立派にやっていけると

私は信じています。

 

なのでみんな、

頑張って下さい。

でも、

無理はするけど

無理し過ぎはしないでね。

 

それでは

今日は写真でまずお楽しみ下さい!!

 

 

ニューフェイス 小6 りょう君

 

小4 はなのちゃん

 

小5 ゆずちゃん

 

小5 りむちゃん

 

小6 よしまさ君

 

小2 しょういち君

 

小4 たいが君

 

小6 よう君

 

中2 りおちゃん

 

中3 たかふみ君

 

高1 かなちゃん

 

 

最後に演奏した高1のゆうちゃんの写真を私は撮り忘れてしまい、

あ〜〜〜どうしようーと思っていたら

りむちゃんが、コメント用紙の裏に

ゆうちゃんの素敵な絵を書いてくれていたので

それを載せますね(^^♪

りむちゃんありがとう!

 

 

始まる前にコメント用紙を準備しているところ

 

 

 

みんながんばりました!

 

 

*******************

 

クレッセントの春の募集状況です(^^♪

 

ソルフェージュクラス 4月から年少〜年長になる プチクラスは、只今5名集まっています。

           水曜日の17:15から開始です。

           あと一人、受付できます!

 

個人ピアノレッスン  月火金の早い時間帯と

           火曜日は遅い時間帯も2枠空いていますので

           頑張ってみたい!ピアノ大好き!という方は

           是非一度、体験をしてみて下さい♬

 

 

 

 

 

 

 

 

|08:24| クレッセントのイベント | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
クレッセント勉強会は3月15日に変更になりました!

クレッセント勉強会は3月8日に予定されていましたが、

急遽3月15日に変更になりました。
ホールがたまたま空いていたので、少しでも遅い方が、よいかと思った次第です。

もう、なんだか、世の中ぐちゃぐちゃしていますね。

花粉症の時の 花、じゃなく、華、でもなく 鼻、のような状態💦

 

 

でも生徒の私もすごく頑張っているので

きっと素敵な演奏を聴かせてくれると思っています。

クレッセントの生徒の根性はすごいんです(笑)

 


内容や時間は変わりません。

8日に聴きにいこう!と思っていた方は本当に申し訳ありません(;’∀’)

15日でもご予定が大丈夫でしたら

是非そちらにいらして頂けると嬉しいです。



ご興味のある方は入場無料でお聴き頂けます。マスク持参でお願い出来ればと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。

以下、詳細をもう一度。

プログラムも記載します。

 

************************************


2020年3月15日(日)13:30〜16:20 
小田急線東海大学駅前徒歩1分のタウンニュースホール
小1から高1までの生徒のコンサートです。
1人が5分〜15分位演奏します。
短い曲を1曲弾くのとは違い
バロック・古典派・ロマン派、近現代から満遍なく選曲して、

日頃、どのような勉強をしているかが、はっきり分かるコンサートとなっています。

入場無料で入退場自由です。
ご興味のある方で静かに聴いて頂ける方はどなたでもお聴きになれます。
お待ちしています。

 

 

 

 

プログラム

第1部  13:30〜14:45

 

(小1 あゆかちゃん)

メヌエット                  L.モーツァルト

トルコのおどり                 A.ローレイ

ソナチネ ト長調 Anh.5  全楽章        ベートーヴェン

 

 

(小3 ひであき君)

プレリュード ト長調                 ヘンデル

子供のアルバムより 第8曲「ワルツ」Op.39-8  チャイコフスキー

ソナチネ ト長調Op.20-1第1楽章           ドゥシーク

 

 

(小3 あおいちゃん)

ソナチネ Op.36-2 ト長調 全楽章              クレメンティ

18の練習曲より“真珠”

“ゴンドラの船頭歌”                   ブルクミュラー

 

 

(小3 まことちゃん)

メヌエット ハ長調 BWV813/5            J.S.バッハ

ソナチネ ハ長調 Op.88-1 第1楽章          クーラウ

手折られた潮騒                    三善 晃

 

 

(小3 ゆうま君)

インヴェンション 第1番ハ長調            J.S.バッハ     

うつろな我が心の主題による6つの変奏曲 WoO.70  ベートーヴェン

 

 

(小4 りんちゃん)

30番練習曲より 11番               ツェルニー

メヌエット ハ長調              A.スカルラッティ

虹のリズムより「海の伝説」              平吉毅州

ピアノソナタ 嬰ハ短調 Hob.XVI-36 第2楽章     ハイドン

 

 

(小4 はなのちゃん)

プレリュード ト長調                  ヘンデル

樫の木の歌                       後藤丹

6つのウィーン・ソナチネ 第2番 イ長調 全楽章     モーツァルト

 

 

(小5 ゆずちゃん)

ツェルニー30番より13番                         ツェルニー

インヴェンション  6番  ホ長調                      J.Sバッハ

ワルツ第6番  変ニ長調  op.64-1                  ショパン

 

 

(小5 りむちゃん)

インヴェンション 第13番               J.S.バッハ

ホルベルク組曲より第1曲「前奏曲」Op.40-1       グリーグ 

ピアノソナタ変ホ長調Hob.XVI-28第1楽章        ハイドン 

 

 

(小6 よしまさ君)

インヴェンション9番 ヘ短調 BWV780          J.S.バッハ

「ホルベルク組曲」より前奏曲 Op. 40-1         グリーグ

「ミクロコスモス」sz.107より100番民謡風に

         102番ハーモニクス          バルトーク

 

 

(中3 たかふみ君)

 ピアノソナタ第23番 熱情 へ短調 第3楽章   ベートーヴェン

 

 

 

第2部  15:00〜16:20

 

(小2 しょういち君)

ソナチネ ハ長調 Op.36-3  全楽章        クレメンティ 

ソナチネ ハ長調 Op.13-1  全楽章       カバレフスキー

 

 

(小4 たいが君)

プレリュード                    ヘンデル

手折られた潮騒                   三善 晃

民謡による3つのロンド  全曲           バルトーク

 

 

(小6 よう君)

インヴェンション 第14番 変ロ長調           J.S.バッハ

ピアノソナタ 第10番 ハ長調 K.330 第1楽章     モーツァルト

ホルベルク組曲 より 第1曲 “前奏曲”Op.40-1        グリーグ

「版画」より 第3曲 “雨の庭”             ドビュッシー

 

 

(中2 りおちゃん)

シンフォニア 第14番 変ロ長調 BWV 800      J.S.バッハ

2つの演奏会用練習曲より 第1曲 森のざわめき S.145-1  リスト

ピアノソナタ 変ホ長調 Hob.XVI-52 第1楽章      ハイドン

 

 

(高1 かなちゃん)

平均律 第二巻 第1番 ハ長調            J.S.バッハ

ピアノソナタ第18番 ニ長調 k.576  第一楽章    モーツァルト

「鏡」より「道化師の朝の歌」              ラヴェル

 

 

 (高1 ゆうちゃん

ピアノソナタ変ホ長調op.81a 告別 第3楽章      ベートーヴェン

巡礼の年第2年への追加「ヴェネチアとナポリ」より"タランテラ" リスト

 

 

今度こそ、実現しますように・・・

 

 

 

 

 

 

|10:27| クレッセントのイベント | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
こういう状況にどのようにして対応していくか💦

新型肺炎で日本中が、世界中が巻き込まれていますね。

人生を過ごしていくうちには

考えもしなかったことがいくつか起こるものです。

経験したことがない・・・

予測もつかない・・・

 

だから、人は一種のパニック状態になります。

前にちょっとでも経験したことがあり、予測もちょっとはつくかな、

ということでは、パニックは起こさないものです。

 

 

でも、人には適応力

というものも備わっています。

 

困難な時に、どう対応するかは

とても大切なことで

その判断一つで大きく舵取りが変わってくることもあるので

早計に判断して行動するのは控え

どうしようか、まず、落ち着いて考えてみることは必要でしょう。

 

もちろん、完全に渦中にはまっていらっしゃる方は

本当にお気の毒で大変で、心が痛みます。

早く全てが解決し改善されることをお祈りするしかありません。

 

 

 

今日は

そのような渦中にいるわけではないけれど、

かなり影響を受けている子供たちに特化して

どのように対処し対応するべきか

考えてみたいと思います。

 

               昨年の勉強会の様子↓

 

クレッセントは

3月8日(日)に東海大学駅前にあるタウンニュースホールで

毎年恒例のクレッセント勉強会を開きます。

生徒は小1から高1まで、一人5分〜15分ほど演奏します。

毎年、勉強会では

発表会とは違い、ミニリサイタル形式で、数曲演奏します。

バロック、古典派、ロマン派、近現代と、

なるべくいろいろな時代から選曲し

それぞれの奏法の違いも勉強しながら曲を作り

それを披露します。

 

生徒も一生懸命練習していますし

今のところ、よほどのことにならない限り、中止する予定はありません。

 

 

学校は休み、終業式も卒業式もなく、もしくは簡素に、

そのまま春休みに入り

それだって始業式、入学式までもつれ込む可能性だってあるわけで

この3月をどのように過ごすかは

子どもたちにとって大変な問題となります。

 

学校が無くて、外にも気軽に遊びに行けない・・・となると

家でゲームに走る子が多くなるのでは(;’∀’)

でも、そんなふうに長期の休みを過ごすのは

なんとももったいない。

 

その点、

ピアノは室内での勉強なので

膨大な練習時間が与えられたも同然となります。

(もちろん、その膨大な時間をどう使うかはその子によって違うと思うけど)

 

なのでクレッセントのメンバーにはこう伝えました。

私のブログは、ピアノを練習する方、ピアノが大好きな方

みんなに対する気持ちを書いているので、

クレッセント以外の読者も相当多いはず。

何かご参考になることがあれば・・・

という思いで、載せたいと思います。

 

 

 

   「毎日コロナウイルスのことがニュースになり、

    皆さん不安に思っていることでしょう。

    クレッセントでもこれからの対応を考えて行かないといけないと思っています。

    ただ、子供たちにとって、学校もお休みになった今、

    毎日の心の支えになるものが絶対必要です。

    夢中になるものがあり、やらなくてはいけないことがある、ということは、

    精神的に安定するために人間にとってとても大切です。

 

    たぶん、子供たちは勉強会があるということは大きな支えになっているはず。

    なので、今のところ勉強会を中止する気持ちはありません。

     (もちろんこれからの動向は確認しながら対処していきたいと思います)

    今までと同じように、しっかりと練習し、

    余っている時間で音楽鑑賞をする、伝記を読む等、

    考え方によってはこんなに音楽と向き合える時間があることは滅多にないので、

   「逆転の発想」で毎日を充実させて下さい。

 

    私はレッスンもこれまで通り行いますが、

    ただ、ご家庭でどうしても行かせたくないというご判断があれば、

    お知らせ下されば全くそれはそれで構いませんのでご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

    勉強会が終わりましたら、励みになるよう、逆に春休みの宿題を少し多めに出します。

    また、伝記やCDの貸し出しを行います。

 

    どんな時でも有意義に過ごせる人と過ごせない人の差は大きいです。

    皆さん、頑張って乗り切って下さい。」

 

 

 

 

 

これ以上、状態がひどくならないようお祈りします。

でも、もしそうなったとしても

みんなで力を合わせて励まし合いながら

乗り切っていきましょう。

 

 

 

           追伸:   生徒は大変頑張って練習しているので

        このような状況で、一般公開します!と言い切れないところが大変残念ですが

        もし、ご興味があって聴きにいらして下さる方がいらっしゃいましたら

        歓迎いたしますので、どうぞお越しくださいね。入退場自由です。

                         13:30から16:30までやってます。

        マスク持参でお願い出来れば有難く思います。

        どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

|14:20| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
楽しい楽しいゲスト演奏♬

最近、生徒が

依頼されて演奏することが増えてきました(^^♪

とても素敵で光栄なことです。

 

 

私の知人のプロデューサーの方々が

とても素敵なコンサートを次々に企画してくれて

 

そのコンサートはもちろんプロの方が演奏するのだけれど

子どもたち(若い人)にもちょっと演奏してもらうと

お客様もなんだか楽しい気持ちになれるし、

そういう場で弾かせて頂ければ、若い人たちもぐんと成長することが出来るし

そんな若い方々を支援する気持ちで

誘って頂ける機会が多いのは

本当に有難いことだと感謝しています(^^♪

 

 

子どもたちは

コンクールや子供のコンサートなどで弾く機会は多いですが

悲しいことに、

頑張って素敵な演奏をしても、なかなか拍手をたくさん頂くことができません(;'∀')

クラコンなどは特にそうで、

拍手無しのシーンとした中で演奏するのは

本当に|試験!」という感じで

まあ、そういうところで弾くのも肝試しにはいいとしても

純粋に

ああ、楽しかった!とはならないと思います。

 

ところが、

演奏会で弾かせて頂くと

拍手の多いのにびっくりします。

演奏が終わって袖に戻るまでずっと拍手が続きます。

袖に戻ってからもしばらく拍手が続くこともあります。

カーテンコールすることもあり、

その間ずっと拍手は鳴りやみません。

こんなステージで演奏出来たら

もう楽し過ぎて、病みつき?!になるかも!

お客様の圧倒的な拍手は

本当に経験したことの無い方には分からないほどしびれるものです。

 

 

さて、そんな素晴らしい経験をさせて頂いているので

ここで近年の演奏をまとめてみたいと思います。

よろしければお付き合いください(^^♪

 

 

一番近いところでは、

 

2020年2月15日に大磯の聖ステパノ学園の「海の見えるホール」で

小4のはなのちゃんが、

フルートの木ノ脇道元先生と共演させて頂きました。

大磯にお住いの知人の田代さんのプロデュースによる

「共生の森」というとても詩的なテーマのコンサート。

森、緑、がテーマだったので

服装も、ドレスではなくて、ピーターパンみたいな感じで(@_@)

というご希望を頂き、

いろいろとネットで調べつつ、こんな髪型でこんな服装で行いました!

 

 

 

演奏もYou tubeにアップしたのでお聴きくださいね!

 


木ノ脇道元先生(fl)肥田華乃(pf) ジャックボディ「レインフォレスト」より”子供の遊び”

 

 

 

それから、最近よくお誘いを受けてとても嬉しく思っている

開成町サロンコンサート

これはプロデュースの柳田さんが、創設より

かれこれ百何十回も行っている、伝説のようなコンサート。

それの本プロの前に、若い芽のコンサートと題して15分弾かせて頂いています。

 

もっと前からの演奏記録はあるのですが

ここでは2017年からの記録を記してみますね。

 

2017年
開成町サロンコンサート(連弾)多田衣織&早織

「思い出の始まり(篠原眞)」「歌(ストヤノフ)

「スペイン舞曲第1・2・3番(モシュコフスキー)

 

 

 


2018年
橋口葉 開成町サロンコンサート

スカルラッティ/モーツァルト/ショパン

 

 

 

2018年
北原香菜 ベートーヴェンソナタ「月光」全楽章 開成町サロンコンサート

北原香菜 ショパンエチュード Chopin Etude op.25-3

 

 

 

2019年
肥田華乃&鈴木凜 開成町サロンプレサート

ファンタジア/グラドゥス・アド・パルナッスム博士/

さよりっ子たちの訪問/ロシア民謡による演奏曲/

汽車は走るよ(連弾)ほか

 

 

 

2019年

You tubeの記録は残っていないのですが

中2の重田理央ちゃんも演奏しました。

この時弾いた曲目の、別のYou tubeでお聴きください。

ショパンエチュード  op.10-8 ヘ長調

ショスタコーヴィチ  24のプレリュード より

 

 

 

 

そして2020年の3月7日(土)には

高1のゆうちゃんが、弾かせて頂きます。

曲目は  

ピアノソナタ変ホ長調op.81a第3楽章  ベートーヴェン

巡礼の年第2年への追加「ヴェネチアとナポリ」より"タランテラ" リスト

です。

開成町の近くにお住いの方は

開成町福祉会館で、13:30からです。

チケットは受付で当日券があると思います。

どうぞお聴きください☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|16:18| クレッセントのイベント | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
<< | 2/85 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.