| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
PTNAコンペ本選全て終了しましたね☆彡

クレッセントでは結局

コンペエントリーが20人(組)

予選通過が19人(組)

本選入賞が14人(組)

そのうち3人(組)が決勝大会に進みました!

 

後半戦の写真を楽しんでください💛(撮れなかった生徒もいました、ごめんね!!)

 

 

 

今年は特別に暑い中、みんな予選から本選まで、よく走り切りました。

長い道中、いろんなアクシデントに見舞われた子もいます。

長く歩いていると、もちろん、道は平坦ではありません。

山あり谷ありというのは、誰が発明?した言葉か分かりませんが

本当に‘言い得て妙’とはこのことです。

 

でも、山だけでなく、谷だけでなく、

川があって橋が無くて回り道した子もいれば

でこぼこ道に足がつまずいて、転んで痛い思いをした子や

ウサギと亀のように、ついうたたねをして後で慌てるウサギちゃんもいたり・・・

 

参加して頑張った子は、そして家族の方々は

いろんなドラマがあって、劇的な夏だったことと思います。

こういう体験は大きいですよ!

後でじわじわ効いてくると思います。

夏休み、体力と精神力のアップには最適かと(笑)

 

さてさて、 今年のコンペ。

ちょっとした傾向が見られたのではないかと思います。

まず、速い曲を弾く子が少ない。

そして、早くて素晴らしい技術を披露した子が報われてない感じがすごくしました。

 

おそらく、今の音楽業界そのものが(特に子供たちを取り巻く)

「表現」が大事ですよ〜〜!に走っているのではないかな?

 

早く弾くより、ゆっくりとたっぷり表現をしましょう?

速い曲で技術を披露するタイプは表現が出来ない?

 

確かに半分くらい当てはまる場合もあると思うけど

なんだか偏り過ぎてないかなあ。

 

                        

 

日本人の際立つ特性は 右に流れると右に流れる、

ということは、よく言われることですよね。

私は右向いたら左に向く、ほど、ひねくれてはいませんし、

もちろん右向いたら、右向くタイプでは全くありません。

 

え?それじゃあ何?

結局、

自分の考えが1本あり、 それは決してぶれることはなく、

尚且つ、それを微調整するだけの柔軟性を持っていることが

大事ではないのかなあ、と思います。

 

 

 私は「美しさの秘密」というのは 究極のところ、バランスではないかと思っています。

それは決して中途半端という意味ではなく、

 

〇技術的に突き詰められて鮮やかで素晴らしく、リズムのキレがよく、波打つ拍動を感じる、

人間の「動」の部分と

 

〇なめらかでどこまでもうっとりと美しく、微妙にルバートがかかり、まるで拍や時間を忘れるほどの歌 

人間の「静」の部分と

 

〇はっきりと意志的に弾く、その演奏者の意志の強さ、決断力・説得力の強さを表す

人間の「芯」の部分と

 

〇レジェロで羽が生えたように軽く、どこまでもころころと純粋に気持ち浮き立つ

人間の「楽」の部分と

 

〇不安や恐怖など、出来れば見たくないネガティブないものを、勇気をもってまるで直視するような

人間の「強と弱」の部分と

 

全ての美しさが決して偏ることなく

そして全体を通してみた時に、

それが絶妙のバランスでレイアウトされ散りばめられている・・・

私が考える美とはそんなところでしょうか。

(特に3番目と5番目は上級曲には必須ですね)

 

 

 

 

今はなんだかとても偏っていると私は感じます。

じゃあどうする?

 

偏ったものは必ず反動がきます。

これまでも歴史が繰り返していることです。

ちょっと前には技術偏重だった時がありました。

 

極端に走り過ぎると、戻れなくなりますから

皆さんは、心をしっかり持って、自分の考える演奏をして

「あの子の演奏、なんだか印象に残ったわよね♪素敵だったわ」 と言われることを目指して下さいね。

 

印象に残る、というのは 決して皆と同じではない・・・

ということの表の表現ですから(^^♪

                      

 

 

■決勝大会進出  

グランミューズJカテゴリー  北原香菜(中3)         

連弾中級B  多田衣織(中2)&多田早織(中2)

連弾初級C  山本大誠(小5)&橋口葉(小5)

 

■本選優秀賞   

A1級 古川諒(小2)

E級 多田衣織(中2)         

連弾初級B  荒井大河(小3)&深澤由瑞(小4)

連弾中級B  丸岡花珠(中2)&重田理央(中1)

 

■本選奨励賞   

B級 佐部利有真(小2)

D級 多田早織(中2)  

D級 上野貴史(中2)

連弾初級A  古川諒(小2)&加藤葵(小2)

連弾初級B  鈴木凜(小3)&肥田華乃(小3)

連弾初級B  荒井大河(小3)&佐部利有真(小2)

連弾初級C  鈴木凜(小3)&肥田華乃(小3)

 

 

 

 

 

おめでとうございました!!

                    

 

 

 

 

|07:29| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/437
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.