| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
えっ? 理想の親 理想の生徒 ?!

写真はニンジンの花🌸

 

 

雨が少しずつ多くなってきましたね。

アジサイもずいぶん蕾が目立つようになってきて、

梅雨も間近なのかもしれません。

 

 

さて、最近メールで生徒の親御さんから相談というか質問がありました。

 

先生にとっての理想の親と生徒はどんな人なんでしょうか?

 

いきなりどかんと来ましたね!!

 

うーーーーん

 

私は、人はそれぞれだと思っているし、

個性も、熱意とか方向性とか、その家庭の方針も多種多様で

そもそもピアノレッスンに対するニーズだってみんな違うだろうから

理想・・・と言われてもねえ・・・

                 

 

うーーーーん

 

なんて、逆にこちらがいろいろ考え込んでしまいましたが

 

もしかするとお母さまは

もっと単純に どうすれば上手になれるか?

を聞きたかっただけなのかもしれないので

 

だったら私が普段考えていて、

こういうふうに練習すればもっと良くなるのにとか

こういうふうに考えるともっと良いよ

 

ということをちょっとまとめてみることにしました。

 

 

私は、ピアノの前にだけ座って指の練習だけをひたすらするようなことは好きではありません。

もちろんそれはとても重要なことで、

やっぱり練習に費やす時間の7割は占めるよ思いますが

(練習すごく重要!きちんと練習してね💦)

 

あとの3割。

 

ここの使い方が結構重要・・かなと思います。

(特に弾くことばっかりやっている人)

 

実際のところ、

3割使っている人と0割の人では うちの教室でも歴然と演奏に差が出ています。

要するにピアノの前に座ること以外のことにどれだけ大切なことがあるか。

 

楽譜の中のことをよく調べているか。(前もって予習はしているか)

ソルフェージュの勉強 (カデンツやスケールや調やろズム・・・ほかたくさんの勉強 をきちんとしているか

ノートをよく書いているか? (うちでは毎日1ページが約束のはず!)

練習している作曲家のほかの演奏(CDやYou tubeや)を聴いたり 伝記を調べたりしているか

ピアノ以外の楽器やオーケストラの演奏もよく聴いているか

 

それよりも何よりも 私が言ったことをただ忠実に守って弾く・・ だけでなく

自分から曲に対して、演奏に対して アプローチしていって欲しいということです。

アプローチをするためには気合と勘だけでは無理で

理論的な裏付けも大切になります。

 

 

そう、だからいつも言っているけど

私は 音楽は学問 と思っているので

敢えて理想というならば(あまりこの言葉は好きではないけれど)

そういうふうに

音楽を学問と考えて、

きちんと学び考える姿勢を持った人たちが 自分は好きなのかなあと思います。

 

 

さて、クレッセントもいろんなイベントが目白押しです。

   

■昨日は中3のかなちゃんが、

 開成町サロンコンサートの若い芽のコンサートで熱演しました♪   

     

  ショパン エチュード Op.25-3 ヘ長調 

  ベートーベン ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」全楽章

 

 

 

■今日からはコンペが予選がスタートしました。

 

  連弾中級Bのいおりちゃん&さおりちゃん(中2)ペアが

  ソロD級のたかふみ君(中2)の

 

 

    通過のお知らせが入っています。!!

 

    おめでとう!

 

 

 

みなさん、素敵な演奏家になれるよう

是非多方面から頑張ってくださいね(^^♪

 

 

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

|15:09| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/427
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.