| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
かながわ音楽コンクールの予選が終わりました(^^♪

かながわ音楽コンクールの予選も、長いようで早いようで

昨日ですべて終わりました。

 

そして

やっと行けました!!待望の畑。

ずっと放っておいた(その気はなかったんだけど、ごめんね💦)うちの畑は

いったいどうなっているか、すごく心配でしたが

大丈夫!

畑からとても素敵な菜園に変身していました(^^♪

うん、畑というと土を想像するけれど、菜園って緑を想像するでしょう?

まさに菜園でした。これから梅雨までは楽しめます!

 

 

さてと本題。

うちの教室は今回、総勢12人受けてました。

その中でも特に小学校中学年の部が多くて5人も!受けたので

 

二宮ラディアン

青葉公会堂

上大岡ひまわりの郷

二俣川サンハート

そして 最終日は

小田原市民会館の

 

合計5会場を回ることに。。。

 

なので、頭の中はおおぐまこぐまとバッハのプレリュードニ短調がぐるぐる状態ですが・・・

(要するに、それを選んだ人が多かったということです💦)

 

 

そうですねえ、全体の感想としては

 

会場によってだいぶレベルの差があるので、運不運はやっぱり仕方ないなあ、、、

 

やっぱりバッハ(バロック)はしっかり練習しなきゃ、、、

 

2曲弾く時には、どちらも弾けないと。1曲だけが突出して上手くてもダメ、、、

 

勢い(曲の流れ)がなければダメだけど、流れすぎて拍感がなくなってもダメ

 

頑張ってる!みたいなのはダメだけど 演奏を聴かせようという表現意欲はもちろん大いにないとダメ

 

古典派のソナタの構成や和音進行は、もっともっとしっかり見るべきだ、、、

 

というようなことですか。

                

                      

 

準本選では 小学校中学年・高学年がソナチネ・ソナタを弾くことになります。

さて、 古典派のソナタは 上手に弾くだけだと形になりませんよ〜〜(^^♪

指だけ動いても解決しないんです。

fとpを正確に弾くだけでも説得力はないです。

ましてや無駄な表情付けも不要ですよね。

 

これこそ、音楽を学問と捉えた時に 勉強の対象として最も素晴らしい教材であり、また楽曲なんです。

是非頑張って下さいね。

でも、中学年の子5人のうち4人が準本選でモーツァルトのK.545のソナタを選曲しているので

うーん、毎日のようにそれを聴くことになってしまうのは私はちょっとツラいかも💦

 

 

  

  しかし、中学生、高校生の部の競争は本当に熾烈です。

  中学生にはまだ、趣味で頑張ってる、部活と両立!

  のような方もいるのでレベルの差は激しいですが

  高校生で趣味でコンクールを受ける子は流石にいないので

  (僅かにはいるでしょうが)

  みんなほとんどが、音楽を目指している方たちなわけで

  その真剣度はすごく、激烈です。

 

  審査も大変だったのではないかと察します。

  

  でも若いってそういうことですよね!

  真剣に一つのことに取り組める・・・

  人生の流れの中でも最も充実している時期の1つであることに

  間違いはありません。

 

  みんな、頑張ってね。

  応援しています!!

 

       

 

 

そうそう  クレッセントの予選結果ですが

今回は9人予選通過しました。 受かったのは

 

幼児の部 1人   

小学校低学年の部 2人   

小学校中学年の部 5人(全員通過!!)   

中学校の部 1人 です。

 

準本選は 4月28日  海老名市文化会館      

     4月29日  神奈川県民ホール      

     4月30日  みどりアートパーク

 

受けた人も受けなかった人も、しっかり聴きに行って勉強を積みましょう。 必ず次に繋がると思います。

 

 

                        

 

 

 

 

 

|12:37| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/420
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.