| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
ショッキングとはこのこと💦 新進演奏家リサイタル後日談

昨日はショッキング!驚きのコンサートでしたね!

 

聴かれなかった方は またまたあ・・・盛ってるなあ・・・

 

みたいに思われるかもしれませんが

本当に、一生に何回もは訪れないようなショッキングなコンサートで

会場は、驚き・どよめき・感嘆・溜息・涙・・・とカオスのようになりました。

 

こんなすごい人たちが一堂に会するなんて、ありえない。

 

本当に素晴らしい演奏をして下さった方々・・・心からありがとう!!!

 

出演者、写真とともに紹介しますね。 もうみんな素晴らしすぎ(^^♪

 

小6の神宮司悠翔君

 

 

 

桐朋音大2年の野村桃子さん

 

 

 


東大2年の村松海渡君

 

 

 

 

藝大付属高校2年の山本悠流君

 

 

 

武蔵野音大ヴィルトゥオーゾ科卒の相原絵利那さん

 

 

 

 

藝大2年の吉田サハラ君

 

 

 

やはり何がすごいといえば

圧倒的な実力を誇る人が100%以上、Maxの上限で、

その瞬間瞬間に命を懸けて演奏をする時に

エネルギーが飽和して、その化学反応が、会場をかき混ぜ、突き通す、それなんだと思います。

 

実力と 気力と どちらもが圧倒的な力のある人だけが、

こうやって感動の演奏を繰り広げることが出来る、

その仕組みがまざまざと手に取るようにはっきりと分かるコンサートとなりました。

 

でも、彼らはそれは当たり前のところで物を考えていて

もっと音楽を深めるためには、 哲学を勉強しないと・・とか

違う方面から音楽を考えるようにしたい・・ とか、 次の次元を目指しているんですね。

本当に突き詰めるということは凄い。

 

                         

今後、この方たちがどのように伸びて、どのようにして社会に羽ばたいていくのか 本当に楽しみですし、

私たちは精いっぱい応援していきたい、また行かねばと 心を新たにしました。

 

そう、私たちには若手を育てる責任があるんですね。

私にはそんな育てるなんて出来ません!とおっしゃる方もいるかもしれません。

でも、そうやって会場に足を運んで静かに応援して下さる・・

ということが、もうすでに育てていることなんです。

PTNA秦野Green Leafステーションでは また来春にこのような企画を行いたいと思います。

皆さん、どうぞこれからもご支援下さいね(^^♪

 

 

 

うちの生徒たち、たくさんたくさん聴きにきていましたが

Bクラスのこたちは、出演者と写真をたくさん撮って頂きご満悦❤

何かご利益があるかなあ・・・(^^♪

 

 

 

 

 

       
 

 

 

 

 

     
 

                         

                           

 

 

ところで、最後に弾いたサハラ君、嬉しいびっくり。

 

彼には良かったらストラヴィンスキーのペトルーシュカかプロコフィエフのソナタ7番を弾いて!と

軽くリクエストを出してあったのですが、

送られてきたプログラムはシューマンとリスト。

そうかあ、そうだよねえ、やっぱり。

今勉強したい曲を弾かないとねえ、と思ってそこで放念していました。

 

アンコール曲はみんなに前もって聞いていましたが

サハラ君だけはついにどうしても教えてくれない。

何弾くか、本当にその場になるまで分からなかったんです。

 

そしたらサプライズのペトルーシュカ!!

え?え?もしかして?

 

にくい演出だなあ❤

 

彼が私に送ってくれた、これ以上ない素敵なプレゼントでした!! ありがとう。

また聴きたいなあ、ペトルーシュカ!!!

 

 

                        

  

 

                          

 

 

 

 

|21:55| 石井晶子関係のイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/413
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.