| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
いよいよ芸術の秋♬ 〜音楽教室を決める時の決定的な判断方法〜
9月初旬に旅行で行った、湯沢の高原植物園の写真。
われもこうが群生していて、すっかり秋の趣でした^^


お知らせですが
第14回目のクレッセントコンサート(発表会)を12月10日(日)にタウンニュースホールにて開催します(^^♪

だいぶ先のことではありますが、
クレッセントでは夏が終わってすっかり発表会一色に染まってきました。
これは一般公開で入場無料入退場自由ですので、
音楽を楽しみたい方も、クレッセントに興味のある方も、聴いてお勉強したい方も皆さんどうぞ今からご予定下さい。
時間はまだはっきりしませんが、13時半開演→18時終了くらいの感じになるかと思います♥



さて、芸術の秋!
これからピアノを始めたいと思っている方も多いと思います。
その方の悩みは、さて、どこの門を叩こうか。


お教室を決める時には、決定的な判断方法が2つあります。


□体験レッスン
  これは絶対した方がいいでしょう。
  人には相性というものがあります。その先生がいくら良い方であっても、演奏が上手な方であっても
  だからぴったり合う・・・ということはなかなかありません。
  特に小さいお子さんの場合は、これが合わないと悲惨な結果を生みます。
 
  先日、うちに4歳になったばかりのMちゃんが体験に来ました。
  お母様も相当弾ける方のようですが、
  お母様がおっしゃるには、
  「Mちゃんはとても気難しいので、自分が教えたりするのはとても難しいです。なので
   外の先生についた方がよいと思いました。
   でも、前に行った体験では、5分で本人が帰る、と言い出してすごく困りました。
   長時間集中力が続かないと思うし、とても難しいと思います」
  と、心配そうにおっしゃっていました。
  
  彼女はとてもしっかり、はっきりしたお子さんで、
  そんな心配をよそに、最初からレッスンはノリノリで、最後までやり切って、ああ楽しかった!
  と言ってくれました。
  私は全く気難しいとは思わなかったし、とても勘のいいお子さんだと思いました。
  お母様からは後で、「あんなに本人が楽しそうにしているなんてびっくりしました!」
  と、嬉しいご連絡を受け、その後も楽しくレッスンに通っています(^^♪


□発表会を見学する
  入会までに時間をかけても大丈夫な方に是非お勧めしたいのがこれ。
  発表会を見学すると、そのお教室の方向性がよく見えてきます。
  音楽教室は本当に千差万別です。
    サークル的にみんなで楽しむことをモットーとしている教室。
    流行のもの、最先端のものをたくさん取り入れている教室
    生徒の目線まで先生が降りてきて、優しい雰囲気が漂っている教室
    ポピュラー音楽が好きなノリの良い教室
    しっかり勉強しましょうがちょっと行き過ぎて、固い感じの教室
    それぞれが個人プレーで弾いていて、教室全体にまとまりがない教室
    すごく上手な子がわずかいて、あとの子と差が大きい教室
    先生のカラーが強すぎて、みんな同じふうに弾いていてそれぞれの個性が出ていない教室
   
それが、全体を通して聴くと本当にはっきりと見えてくるのです。
先生の考えやポリシーもはっきり見えてきます。


さあ、
その上で、自分の子がこんなふうに弾けるようになったらいいな・・と思えるか?

「すごい」とか上手い」  
ではなく  
「好きだ!」  

と心から思える演奏を「お教室全体がしている」教室を選ぶと
お子さんはきっとお母さんが「好きだ!」と思えるお子さんに成長することでしょう。



それでは貴女はどんな教室を目指しているか?ですか?

そうですねえ

私は

●その子の長所は伸ばし、短所は修正して、その子の個性を最大限に伸ばす
〜みんなが同じパターンの演奏なんて考えられません。

●基本のクラシックをがっちり勉強するけれど、それだけには偏ることはしない。
    〜音楽に対して柔軟な姿勢を持つことも大切です

●多面的な音楽作りが出来るように指導する
   〜一面的な物の見方をしていては、何事も大成しません。

●アンサンブルにも力を入れる
    〜大人になったら、ソロで弾くよりアンサンブルをすることの方が増えてきますよね。

●個人プレーだけに陥ることなく、
 仲間的な要素も要所要所に取り入れる(でも過剰にはしない)
    〜社会人になったらもちろんこれが大切です。

●忍耐力・集中力・持続力を大切に考える
    〜これがあれば、何をやっても成功します。

●流行に流されることなく、生徒に迎合することなく、
 毅然と指導していきたいと努力しています。
    〜子供には両親以外に、頼れる「他人の大人」の存在がとても必要です。



そんなこんなを絶妙のバランスでブレンドしていき、
そして、小学校を卒業するまでに、自分の演奏に自信と誇りを持てる
そんな人材を育てていきたいと思っています(^^♪

はあ、なんだかキビシソー  の声が聞こえてきそうですが
愛情のあるキビシさは、何にも代えがたい・・・ということもあるかな(^^♪



そうそう、かなり前のことになりますが、
遠方の有名教室に通われていた子が通い切れなくなりうちに入ったことがありますが
その子のお母様がおっしゃっていました。
「クレッセントは本当にみんなが仲が良くてびっくりしました!」
集まるとみんなワイワイ楽しそうにやっています。
とても嬉しい言葉でした。











|10:37| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/396
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.