| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
ヤマハ演奏グレードの面白さって何でしょう??
今日もコンペを受けた子がいて
D級、E級が予選通過したので、これで
A2級1人、B級3人、D級1人、E級1人、連弾初級2組、連弾中級B1組の
9人(組)が予選通過することが出来ました^^
私は連続6回目の指導者賞が決まりました。
みんな頑張りましたね!!
来週またたくさん受けるので、是非頑張って下さい♪

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ステップ・コンペと忙しい中、生徒がヤマハの演奏グレードの10級と6級を受けました。
なんともまあ、みんな頑張るなあ!
結果がきて、みんなで合格証書を持って、一緒に写真をパチリ^^

↓写真は、10級の合格証書を持ったしゅうと君、秋に受ける予定のあおいちゃん、同じく頑張ったゆうま君(小1トリオです♪)



私が昔、関わっていたからの身びいき・・・ということでは全くなく、
ヤマハの演奏グレードには、他のものにない面白さがあります。
上手に使えば、思わぬ効果があるかもです^^


ジュニアのための演奏グレードは
最も初歩の級は10級で、一番難しいのは6級です。
(5級以上は、指導者認定のための級です。ちなみに私は3級です♪)

また、その中がAコースとBコースに分かれています。

Aコースは普通にお勉強している人が受けられるように、受験科目がピアノ演奏と初見演奏の2つです。
こちらも、子供に初見演奏の課題を与えるのは斬新だし、どの位譜読みの能力があるか試すにはよい機会ですよね。

◆でももっと面白いのは、生徒が受けた難しい方のBコース

こちらの受験科目は

◎ピアノ演奏が2曲(表現力20点 技術力20点)

◎初見演奏(20点)10級は4小節だけど6級は24小節!

◎伴奏付け・7級6級は即興演奏(20点)

◎聴音 10級〜8級はメロデイーとカデンツの2種類の聴奏 20点(10点ずつ)
    7級〜6級は両手で弾く楽曲〜ちょっとした小品の聴奏) 20点

( )内はそれぞれの配点。



この中で準備が大変なのはなんといっても伴奏付け(即興演奏)
メロディーに合った和音を自分で考えてカデンツ伴奏を演奏、次に、その伴奏形を変奏します。

6級の即興演奏はすごいです。
与えられたメロディーに即座に和音を左手で付けて演奏し
次にそれの変奏(バリエーション)を即興で行います。

確かな知識と
鋭い直感が必要で、
また、それがしっかり身についていないと出来ない離れ業。

和音は普通の 機↓供↓検↓后↓坑靴梁召法↓気1転や2転、此
五度調の坑靴篁妖拂瓦劉坑掘◆‘鹽拂瓦劉坑掘△覆匹亮斃冢族
を駆使して
素敵な和音進行を作り上げます。


これが出来ると何かいいことありますか?
そうですね。かなりいいことあると思います♪


◆ピアノ演奏に役立ちます!

和音進行(和音がどちらの方向に進みたいか。なんの和音が強い和音なのかがわかり、楽曲演奏の時の音楽の流れや方向が分かるようになる。
借用和音や転調に敏感になり、それに見合った変化をつけられるようになる。
次にどんな和音が来るか、次の展開が読めるようになり、初見もパワーアップする。
カデンツは終止するという大切な役目があり、それが分かることで、大きなフレーズの区切りが出来るようになる。


◆指導者になった時、

生徒が弾くメロディーに素敵な伴奏を付けてあげられるし、
上記のいいところを生徒に教えてあげられる!

これはとても説得力のある事です。
生徒が指導者をすごく信頼してくれる元となるでしょう。



中1のいおりちゃん、さおりちゃんと中2のかなちゃん。
5人ともオールAの最高点で合格です^^がんばりました!


さてさて、他の生徒たちは秋には9級と8級、7級を受けます^^
みんなも頑張って下さい♪








|12:42| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/389
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.