| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
指導者のエネルギーと演奏者のエネルギーの化学反応とは?!
今回の写真は予選の時に思いついて撮ったものなので、載ってない方もいます。ごめんね!


PTNAコンペもたけなわですね!
クレッセントでも昨日で前半戦が終わりました。
今のところ、A2級1人、B級3人、連弾初級2組、連弾中級B1組が通過です^^
さーてと、中学生がこのあたりで頑張って欲しいところ。


昨日、ある会場で聴いてきました。
うちは今年B級が多いので、B級にまつわるお話。

皆さん、とてもきちんと弾いていらしてる方が多く、
昔みたいに、あれ?ここはコンクールではなかったっけ?みたいに思ってしまう方はすっかりいなくなって
ずいぶん予選もレベルが上がってきたんだなあと思います。

でも、、、やはり昔から多いタイプ。
型通り・・・というのかな。
ここはこう弾いて、ここはこんなふうにね、
と、先生に言われた通りに弾いている・・・
そういう人がすごく多いのです。

もちろんきちんと守られて弾けば、予選はある程度通過するのですが、
それだけでいいのだろうか。。


その中ではっとする演奏をする子がたまにいます。
一言でいって
自発性です。

先生の言われたことももちろんきちんと守りつつ、
それと自分の豊かな感性が見事に「融合して、化学反応を起こす」感覚です。


折角舞台で弾くのですから、レッスン室や家で弾くのと同じに弾いたらつまらないですよね。
本番ならではの空気感、全体に包まれるテンションの高さを十分に感じて
ホールの残響を楽しみながら
演奏していくうちに体にある眠っていたものが、どんどん目覚めていったら素敵ですよね。
これこそ本番ならではの
醍醐味なんですから♪



先日、かながわ音楽コンクールの総評が神奈川新聞に掲載されました。

その中で、藝大の山下薫子先生の総評の一部をお届けしたいと思います。

「舞台の上でなければ学べないことがあるのだ。
弱音でもホールの隅々まで音が届いているか。
緊張状態でも気持ちよく歌えるか。
本番を重ねることで練習の質が高まる。間違えることを心配するより、
いつもと違うことが起きたときの対処を楽しむようになれば、なお好都合だ。
そして、一度人前で演奏した曲は、
その後、演奏者にとって聞こえ方が大きく変化し、
心の声に導かれるように演奏できるようになる。
大きな賞を取った出場者の多くが常連だと聞くが、これは偶然ではないはずだ。」


昨日お会いした素敵な指導者の方が、こんなふうに声をかけてくれました。
「すごく楽しそうに弾いてるわね^^」
さあ、コンペ後半、どんな演奏が聴けるのか
もちろん心配でもありますが
私は楽しみな方が大きいです。
生徒たちの化学反応を期待しています^^





|08:12| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/388
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.