| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
かながわ音楽コンクール本選♪はどうだった?

昨日は朝から一日中、神奈川県立音楽堂でした。
もわーっと暖かい、なんとなく頭や身体の重いのを引きずって最初から最後まで聴いてきました!
流石に、最後の方は耳が疲れて来てきます。
審査員の先生方も、審査発表の時はお疲れのご様子が・・!
本当に大変なお仕事と思います!

さて、審査委員長の辛島先生も講評の時におっしゃっていましたが
本当に毎年、レベルが高くでびっくりさせられます。
特に今回全体のレベルが高かったのは、
小学校低学年の部と、高学年の部。


まず、低学年は10人弾きましたが
その中の7人が選んだ曲が、ベートーヴェンのソナチネヘ長調終楽章。
この曲ほどコンクールの審査に使われることが多い曲もないでしょう。
ベートーヴェンは2曲の有名なソナチネがありますが難しい方の曲。
テンポの正確さや、リズム感、スケールなどのテクニックが際立つ曲です。

この難曲、みんな見事な指さばきでお料理していきます。
技術的にはほとんど差がないほど、みんなお上手。
うーんすごいなあ。。

その中にあって目立った1位のお子さんは
他の誰にもないような、自発的なテンポ感とリズム感が素晴らしく
躍動的な鼓動が、聴いている人をぐいぐいと引っ張っていきました。
このエネルギーは
他の誰にもくっつけることが出来ない、
真に自発的な才能で、
余裕のあるテクニックと自発的な表現力の見事な融合でした。



高学年の部は6人弾きました。
もともと、高学年の部は、
受ける人も非常に多く、課題曲は大変難しく
ピアノに進むか真剣に悩む人が真剣に取り組む難関の部です。
中学年の部から高学年の部にすんなりレベルアップ出来る人は
そんなに多くないと言い切れるでしょう。

その非常に上手な子がひしめく高学年の部で
本選で弾けるのが、たったの6人!!
なんと過酷な部なんだろうとつくづく思います。
それなので、残られた6人の方の演奏はみなレベルが高いのは当然のこと。
この部は本選では自由曲を弾きますが
ショパンのワルツ第1番や、リストの軽やかさ、小人の踊りなど
普通小学生では弾かない曲がずらっと並びました。


会場にはPTNAコンペでよくお会いする先生方もいらしていましたが
皆さんコンペ決勝と何も変わらないレベルの高さだ・・・と驚いていらっしゃいました。
コンペ決勝は全国ですが、こちらは神奈川県のみのコンクールですからねえ。。

1位になられた方は、低学年の部と同じく
テクニックの安定感に優れ、尚且つ、躍動するリズムと自発的な表現の豊かさ鋭さが
キラキラするような演奏で素敵でした♪

他の方々も肉薄してすごかった。
なんてみんな積極的な演奏をするんでしょう。
ピアノを弾いている・・・という感じではないんですね。
ピアノの音を通して、体中で表現している、という感じです。


応援にかけつけたクレッセントメンバー↓




さてと、クレッセントは二人の生徒さんが出場しましたが
高学年のHちゃんは、とても残念なことに最後の最後で弾き直し・・・
をしてしまい、美しい尚且つ張りのある音で転がるパッセージが美しかったですが
本当に残念でした。
いつもならやらないのにねー。この辺のところがコンクールの持つ魔力なのでしょう。
引っ張り上げることもすれば、引き摺り下ろすこともする魔力。




もう一人
低学年の部の鈴木凛ちゃんは
林光さんの“ちょっとしたけんか”を
豊かな艶のある音色で、細やかに歌い上げ、
低学年の部優秀賞(第2位)と併せて
特別賞の「中田喜直賞」をダブル受賞しました!!


本当は演奏が終わった後
「もっと表現が出来たでしょ」と私からお小言をもらっていた彼女。
賞は諦めての表彰式でしたが
たくさん頂けてよかったですね。
でも、本当はもっと表現できたでしょ(笑)

日頃から、コンクールが無い時も本当に練習熱心な彼女は、
ピアノの前に座るだけではなく、
その曲のレポートを書いたり、絵を書いたり、CDを聴いたり・・・
本当の意味での多面的な勉強熱心さがあり素晴らしいです。
大きく大きく育って下さいね。

それでは今日は、本選の模様や
りんちゃんが書いたレポートなどを楽しんで下さい❤
































|16:03| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/380
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.