| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
かなコン追記〜準本選までを振り返って
昨日は雨と雨の端境で、畑に行くことが出来ました。
素敵な花の写真とともに、
ご覧になって下さい♪



私が小さい頃は、ステレオ、というものがありませんでした。
(今ではステレオ、という言葉自体が死語ですが)
小学校の低学年の頃、父が初めてステレオを買ってくれて
レコードも買ってくれました。
曲はプロコフィエフのピーターと狼で、
赤色の「ソノシート」という、ゴムみたいにくねくねする丸い円盤でした。
もちろんそれでは耐久性が無いですが、
私はそれを繰り返し繰り返し聴きました。

3才からピアノは習っていたそうですが
そうかあ、私の初めての本物の音楽体験は、これだったんだなあ。

それから小学校高学年になった時に
黒いドーナツ型の「レコード」というものが世の中に現れ
それも父が買ってくれました。
ショパンのピアノ協奏曲第1番・第2番でした。
たぶんピアニストはペルルミュテールだったのではないかと記憶しています。

それこそこれは衝撃の事件で
私は学校も仮病を使って休み、
毎日、それこそ一日中何回も何回も聴いた記憶が鮮明にあります。
(このことは以前ブログに細かく書いたと思う・・)
それこそ私の記憶のポケットにがっちりと入り込み、
一生抜け出ることはないでしょう。

その後、ショパンを演奏するたびに、いろんな方に表現を褒めて頂きましたが
私としては、ショパン特有の歌い回しが、もう身体中に染み込んでいるので
なんで、そんなに褒められるのかよく分からなかったものです。


そういうこともあり、
ロマン派の音楽は、
勉強した・・というよりは、自然に身についていったのでした。
ところが、悲しいことに
当時は音源を聴く機会が極端に少ないため
バロックや古典は身に付けるのに一苦労しました。
はっきり言って大学を卒業して、自分なりに試行錯誤した結果
一応、こんなものです、とお話できる位になりましたが
相当苦労したと思っています。



さて、今はどうでしょう。
音源は巷にあふれ、You tubeを聴けば苦労せずとも演奏が聴けるのです。
なので、飛躍的に演奏表現も技術もレベルアップしたと言えるでしょう。
それが本当の意味で身についているかどうかは別としても
このことで
コンクールでの優劣が付けにくくなっている気がするほどのレベルアップになりました。

最近のお子さんは、昔に比べて本当に上手な方が多いです。
昔ももちろんみんな頑張っていたのですが
やはり今とは情報量が桁違いに違います。

予選では、ちょっと難しいけど頑張って受けてきたのかなあ。。という方が3分の1位はいます。
ただ、
残りの3分の2の方の優劣、
そして準本選での優劣が
非常に肉薄しています。
みんなお手本になる弾き方がYou tubeで聴けるので、
演奏のスタイルも皆さん似ている方が多く
こうなると本当に誰が通るのかは混沌としてきますよね。

こういうふうに情報量が多いと
要するに85点位までは、その情報を参考にして仕上げることが出来るのですが
それから先の90点や95点を取るのは、それだけでは難しいです。

やはり、その人のオリジナリティが圧倒的に大切になるでしょう。

本選に残った方の演奏を3会場多々聴きましたが
皆さん、ただ上手いというだけでなく
表現が大変工夫されているのがよく分かります。

いわゆる上手い人はたくさん、それもびっくりするほどテクニックがすごい人が
準本選までくると、たくさんたくさんいるのです。
え?なんでこんなに弾けるの?すごい!と
舌を巻く演奏は本当に驚くほどたくさんあるのです。

その中で、その人でないと、と思わせる演奏をするには
まさに、オリジナリティしかないでしょう。

◆どうすればオリジナリティが?
そうですね。
オリジナリティの根本は想像力だと私は思います。

◆どうしたら想像力が?
そうですね。
想像力は、小さい時から
絵本を読み、自然と戯れ、美しい音楽を聴き、
たくさんの会話の元に愛情いっぱいに育つことから
全てが始まっているのではないでしょうか。

そして少し大きくなってきたら
好奇心を忘れず、興味を持ち、
失敗を恐れずに、とことん取り組んでみる、ということも
とても大切なのではないかなと思います。

そしてもっと大きくなったら
是非、楽譜をよく読み込んで、
アーティキュレーションの持つ意味を
自分がどうしたいかではなく、
作曲家の気持ちになって
作曲家の側から考えてみることも
是非やってみて下さい^^
自分のやりたいことと、作曲家の意図することが融合したら
きっと素晴らしく説得力のある音楽になるに違いないと私は思っています^^










|08:56| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://crescentmusic.jugem.jp/trackback/377
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.