| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
魅惑の女性ピアニスト

関東地方は梅雨入りしたそうですね。いよいよそんなシーズン!
最近ピアノの鍵盤が鈍く、音も濁って重いなあと思うことが多くなりましたが
やはり湿気なんですね。

でも今朝はそれを吹き飛ばすかのような快晴で、やはり晴れている方が、体調はいいですネ。。

   ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
さて、本題です。
先日のかなコンの結果や講評が神奈川新聞の5/25版にでかでかと載りましたが
入賞者の顔ぶれを見て思ったこと。

うーん男の子が多い。

ちゃんと数えていないけど12人位の入賞者のうち8人位男の子だったのでは。
(いい加減だなあ、ちゃんと調べたら?  ・・で調べようと思ったら新聞が見当たらない^^;)
それで、岩井さんの講評がまた辛口なんだけど
小学校3、4年生の部は1位から3位までが男の子だったって、ことさらに書いてたけど
あれは何が言いたかったんだろう?
男性優位だと強調したかったのかしら。

確かに最近のコンクールでは入賞者に男性の顔ぶれが多い!それは事実です。

さてとここで男性ウォッチング

◆男の子は、個人差はあるものの、「オタクの特性」は女性よりずっと強い!
だから、はまった時の集中力やこだわりはやはり、男性特有のものと言えると思います。
だからこそ出来ることも多い。
でも、オタク系の欠点は、「周りが見えなくなること」、それから「狭いジャンルでしか活躍できないこと」で
広い視野で愛情深くいろいろ気遣いながら細やかに仕上げられるのは女性特有の強みだと思います。
だから、私は、もっと女性に頑張って欲しい。

◆女性の弱いところは(もちろん個人差がある)論理的にものを考えることをあまり好まないこと。
私は「論理的に考える」ということは演奏をする上で、ものすごく重要と考えています。
「音楽は学問である」とは私の常日頃の信条で、生徒にもよく言っている言葉です。
女性のよさを活かしながら、もっと論理的に音楽をまとめることが出来たなら
私は、今よりもっとコンクール等で女性が台頭できると信じています。


☆私の大好きな女性ピアニストを紹介☆

小山実稚恵さん:日本を代表する名ピアニスト。彼女は揺るぎない技術と安定感、非常に論理的な思考に基づいた知的な演奏で、尚且つ透き通る美音と細やかな女性らしい表現を持った、バランスが抜群の、これぞ王道!!いつ聴いてもはずれのない素晴らしい演奏家です。


小川典子さん:イギリス在住のピアニスト。日本には時々しか帰ってこないけど、男性ピアニストが注目するようなタイプです。行動的で意欲的な表現、リズミカルでシャープな切れ味でばさりばさりと料理していく気風のよさは胸がすきます。すごい技術に裏打ちされた知性派のピアニストです。


マルタ・アルゲリッチさん:今さら書く事もない世界でもっとも有名なピアニスト。アルゼンチン出身という南米特有の情熱的な表現力で、ほかのみなを圧倒するカリスマピアニストです。天才肌なので、いつもいいかというとちょっとバラつきがありますが、良いときの彼女はブッ飛んでいて、誰も追随することが出来ないすごさがあります。知性派というより感情派ですが、それは彼女だからこそ許されることかと。。。

皆さん、ご存知なければ是非聴いてみてください。

彼女たちに共通しているのは

抜群に安定した技術力
論理的で探究心があり、常に勉強している勤勉さ
女性ならではの細やかさと、大胆な表現。

  ♪男性は案外気が弱く、大胆な表現が出来ない人は多いのですヨ♪

さてと、女性の皆さん、がんばりましょう!!






|07:26| 楽曲・CD紹介 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.