| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
一昨日はモーツァルトの誕生日でした!!
一昨日の1月27日はモーツァルトの誕生日でした!!

本当は27日にばっちり「今日はモーツァルトの誕生日です!!」と書きたかったのに
まあ、なんというか、なんてタイムリーでないんでしょう。。
なんだかここのところ野暮用で忙しかった・・・というワケで、ちょっとキマリませんでした^^;

モーツァルトというと思い出すクレッセントのイベントがあります。
2年も前になるかどうか・・・
ギャラリー楓で、ワークショップ「モーツァルトのピアノ三重奏曲を弾こう」という催し物でした。
たくさんのトリオ(三重奏曲)を生徒たちが弾きました♪
あれは楽しかったですね!
私もたくさん勉強させてもらって、室内楽がうんと身近に感じるようになったきっかけになりました。

モーツァルトのピアノ三重奏曲は基本的に6曲あって
どれも素敵に楽しい曲ばかりです。(演奏は結構難しい)
実はそのころ、モーツァルトコンクールというのがPTNA関係で始まり
予選はソロなんだけど、本選がアンサンブル
(ピアノとヴァイオリン、もしくはピアノ三重奏曲)という課題曲になっていて
とても面白い試みだなあ。。と思い、生徒にもみんなに経験させてあげたい!
という思いから、発案したのでした。

先ほどから「ピアノ三重奏曲」と書いてますが
実際、何の楽器を使うかはご存知ですか?





ピアノ三重奏曲の場合はピアノ+ヴァイオリン+チェロです。
ピアノの他に3人の弦楽器奏者というわけではありませんのでご注意を。

自分がうんと若かった頃は、よくわからなくて頭がごちゃごちゃした記憶があるんです。
ピアノ四重奏曲は、結局4人で演奏するのか、5人で演奏するのか・・・
ピアノ五重奏曲は、結局5人で演奏するのか、6人で演奏するのか・・・

ものすごく悩んだ記憶があります。はあ〜
すごい恥ずかしいような悩みですよね(汗×汗)

*******************************************************************************

それでは、今日のYou tubeは、その時のワークショップの模様から

モーツァルト作曲 ピアノ三重奏曲 Divertimento  第1番 変ロ長調  k.254 第1楽章 演奏は中1の時のかいせいクン

モーツァルト作曲 ピアノ三重奏曲 第5番ハ長調 K.548 第3楽章演奏は小6の時のりおなちゃん

なんだか楽しそうだなあ・・・私もやってみたいなあ・・・ていう気持ちになりますよね!!
みんないつかまたやりましょうね☆





|13:10| 楽曲・CD紹介 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.