| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
運動することとピアノの練習のいい関係(^^♪

 

コロナによる自粛要請が続き、5月も学校はお休みになってしまいましたね。

クレッセントの生徒は、ピアノの練習をよく頑張って続けていて

とても逞しいなと思っていますが

(きっとご家庭ではそれぞれコロナ疲れもあると思いますが・・・)

学習の遅れと共に

心配なのは体力ですよね。

このお休み期間に、ピアノが上手になっても体力が落ちたら大変ですよね。

この期間を利用して

ピアノも上達し

体力も前より付いたら

こんなにいいことはありませんよね。

なので、

是非毎日のスケジュールの中に、

運動

という時間も決めて是非やって下さい。

 

 

 

 

体力がある・・ということは

もちろん、日々の生活、生き生きと生きていく上で、とても大事な要素ですが

ピアノを弾く時にとても大切なポイントでもあります。

スタミナがなければ練習は続かず、大曲も弾けません。

動体視力と反射神経が高くないと、技巧的な曲も弾けません。

身体が柔軟でないと、レガートや美しいフレーズをまとめることも難しくなります。

 

なので、

 

スタミナをつける運動

反射神経を高める運動

柔軟な体を作るストレッチ

 

この3つをカバーできるように

日々の運動に組み入れてプログラムを立ててみて下さいね(^^♪

 

 

私は自分の練習をする時には

必ずその前に、ストレッチをやったり、少し汗をかく位の運動をしてから練習します。

その方が、最初のウォーミングアップになって、結局は効率がいいのです。

 

身体がボーっと重い状態でピアノの前の椅子に座り

血の巡っていない体と頭で練習始めても

たぶん最初の30分は無駄に過ぎていくでしょう。

 

それに、人間は血が全身によく巡ると、

急に気持ちも前向きになれて、やる気が湧いてくるものです。

これは、

そうしないと全く身体が動いてこない私の場合の体験上の話ですが・・・(;’∀’)

 

 

以前、高校受験生(普通高校)がレッスンに来ると、いつも感じることがありました(;'∀')

顔はどんより、身体はどんより

演奏もぼんやり

それで質問!

 

「最近身体を動かしていますか?」

 

必ず答えは

「いいえ」

 

それで、私は

「それじゃあ、レッスン室の外の廊下で 縄跳び(縄を持たずに)を1分してきて!」

 

ドンドンドンドン!

 

入ってくると顔は紅潮していてちょっとにっこり

 

それでまたピアノを弾き始めると

顔はにっこり、身体は反応が良く

演奏はしゃっきり

 

「ほーら、こんなに変わったじゃない(^^♪」

 

本当に、嘘みたいな話ですが

嘘でもなく誇張でもなく

本当に劇的に変わるんです。

 

 

 

なので、皆さん

ピアノの前にまず軽く運動!

   ↓

そしてピアノの練習。

   ↓

身体が重くなってきたら、また気分転換も兼ねて軽く運動・・

そして

   ↓

いーっぱい練習したあとは

熱いお風呂にドボン。

 

最高に美味しい夕ご飯を食べることが出来ますよ!

ビール飲むわけにはいかないけどね。野菜ジュースなんかいかがですか?

騙されたと思って試してみて下さいね(^^♪

 

 

 

え?この時期に家で一体いったいどんな運動をすればいいでしょうか?

そうですねー

大したことは思いつきませんが

 

■まず、スタミナつけるなら縄跳び。(玄関前で出来る。無理なら縄無しで(手は回す))

 

■スタミナと反射神経は、私がよくやっている(^^♪初公開の

 ヒップホップダンスのDVDに合わせて踊る。

   (すごくハードだけど楽しい!)

 

■反射神経をつけるなら、ビーチボールでキャッチボールかバレーボール

   (ぶつかっても壊れない、痛くない)

 

■動体視力と反射神経ならT君がやっているという、ジャグリング

 

■柔軟体操はラジオ体操!

   (あと、You tubeでたくさん検索できると思います)

 

■姿勢を良くしたかったら、竹刀(しない)の素振り。

   (ベランダとか玄関前で出来るかな。私、やっています!)

 

■他にもバランスボールとか?ベランダやお庭で日光浴も!!

 

 

   さて、皆さん是非工夫しながら楽しく体力アップして下さいね(^^♪

 

 

 

今日も写真はうちの菜園の様子。

最高の畑シーズン到来です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|09:39| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
生徒の成長ぶりは素晴らしい(^^♪

 

 

5月に入り、五月晴れの清々しいお天気が続く中

世の中はまだまだ暗雲が立ち込めていて

早くすっきりとしたいですね。

でも、こういう状況で

方向転換をしたり、アイデアを出し合ったり・・と柔軟に物事を考えて

大変な中も張り切って毎日を過ごしていらっしゃる方もたくさんいらして

そうだよね、人間の生命力って凄いはずだったよね!

と思うことも多々あります。

 

 

私は毎年

3月4月が自律神経失調症で全くダメな状態になります。

どうやっても身体が動かなくて・・

そういえば昨年はこの時期、体温が乱高下して

例えば、今35.8度だったのが2時間後に38.3度になったり・・💦

病院でずいぶん調べて頂きましたが、

結局何も出ず、まあ、自分で判断するところによると

自律神経失調症で体温調整が出来なくなってしまった、ということなんでしょう。

 

 

それで、今年もあれが来たら嫌だなあと思ってましたが

どうにかそれは出ず、

でもひどい肩凝りや腰痛や頭痛で、とても大変でした。

食事も気を付けて、ウォーキングもして、一日にお風呂に3回位浸かって、整体に行って・・

でもダメだったなあ。

このままずっとだったらどうしよう、とかなり参ってましたが

 

やっぱり思った通り!

4月後半になってきて

じわじわと快方に向かっているのが手応えとしてあり、

さあ、きたきた、身体が軽くなってきた。

私は夏女ですから

これからが私の季節??

そうか、いわゆる冬眠と同じか。

 

 

なんて分かりやすい、すごく単純な体と神経ですね、私の場合。

 

 

クレッセントの生徒たちは

結局のところ、8割位が対面レッスンで通い

(注意事項は徹底した上で!)

(何度も何度も事あるごとに確認しましたが、やっぱり通いたいと!)

その見事な練習ぶりに、感服しました。

成長もすごい!!

 

 

最初は頑張っていても

だんだんルーズになって、

決めた通りに練習出来なくなるのが、人間の常。

なのに

ほとんどの子が真面目にやり遂げ、また進行中。

毎日2時間とか4時間とか6時間とか!!

「学校9月からでいいよねー、ピアノたくさん練習出来るしー」

という子もいたりして💦

 

 

何度もみんなには言ってあるんだけど

こういう時に

前に進める子と、停滞する子の差は

想像以上に大きくて、

また、大変な時期でもこれだけのことを出来たという自信と経験に繋がり

今後またこういうことがあった時にも

物怖じせず、生きていくことが出来る力が付くのではないかなと思います。

 

 

クレッセントは

もしホールで勉強会が出来るようになった暁には

8月に 演奏のお披露目をする コンサート形式の勉強会を開きます。

決まり次第お知らせしますので

是非、その成長ぶりを聴きにいらして下さいね♪

 

 

私が調子悪いーーーと言っている間に

子供たちはどんどん成長するんですねー

私も頑張らないと(^^♪

 

 

事情が許さなくてどうしても対面レッスンに来れない子

だけどいっぱい練習したい気持ちのある子たちのために

こんな動画レッスンのデモテープを作ってみました。

小3になったばかりのS君のおうちに協力して頂いて作ったんですが

 

*私はオンラインは今のところやっていないんです。。

    うちのレッスンは音質(タッチ)を重点的にこだわったレッスンをしているので

    やったとしても、色々なことが上手く伝わらないのかなあ・・と思ってしまい・・

 

こちらだと、

まだ、音楽がよく伝わるので、面白いかなあと思いました。

字幕の入れ方は、発表会の音楽劇での全体練習のためにマスターしました(^^♪

 

よろしければ、覗いてみてください。

  

 

   矢印こちらから

 

 

みなさん、きっとあともう少し!

がんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|10:04| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
新年度を迎えるにあたって。クレッセントの決意表明??

もうすぐ3月もおしまいですね。

 

私は3月4月がとても苦手で

昨年もこの時期自律神経失調症でだいぶ大変な思いをしましたが

例に漏れず今年もそのような感じはあります。

まあ、毎年の事なので、上手に付き合っていくしかないのですが・・(;’∀’)

 

 

確かに

この芽吹きの時期が、身体があまり強くない人にとってはきつい時期なのですが

それだけでなく、この時期は

いろいろと生活や仕事に変化の激しい時期でもあります。

 

クレッセントも、コロナがらみもあり、去っていく人もいました。

中学生に上がることで、今までのように熱心にピアノの練習を出来なくなる人もいれば

受験で塾にはいるからペースダウンという人もいます。

私からすれば、ここまで力が付くように精一杯努力したのに・・

というちょっと悔しい思いがありますが

でも、その子の長い人生にすれば

「ピアノは人生の一時期の一部分」という子がいたとしても、

それはそれで当然のことと思うので、

私は自分の中で気持ちを整理するしかありません。

 

おそらくほとんどの指導者の方々は、

この時期、こういう思いをしていることと思います。

ただでさえ、コロナのことがあって気が滅入るのに

大変ですよね。

 

 

 

でも逆に

やる気満々のキラキラした目で入会してきた人たちもいます。

 

「明日はレッスンかと思うとワクワクする!」と言ってくれる3歳の子がいて

 

「中学校に入っても部活をやらないでピアノを頑張るんだ」と固い意志で入ってくる小6の子もいました。

 

中学に入っても部活をやらないでピアノに燃えるという男子が2人もいます。

 

高校受験をするのに半年ピアノをお休みしていた子が、

迷って迷って、でもやっぱり

忙しい高校生活の中でも少しずつでも続けていきたい!ピアノ好きだから!と復帰する子も多く

 

学校の音楽の先生をやりながら、ピアノに燃えたいという人もいます。

 

時は流れ、

でも、人生は繰り返し繰り返し。

 

 

 

 

クレッセントでは

4月から高2になる生徒が3人います。

 

一人は趣味で楽しく続けていますが

あとの二人は音大受験を決心し

2年後に第1志望で国立G大を受けることに決めました。

これからの2年足らず、無駄なく効果的に力をつけて、長期計画を立てて

じっくりやっていきたいと思っています。

スタミナも気力も根気もいる、

でも、とてもやりがいのある仕事です。

 

いろんなことが

いろんなふうに変化し

そして迷っていたところにはっきりと道が出来て

そうなるまではなかなかのストレスなのですが

また気持ちを新たに

これから、充実した毎日を過ごせていければなあと思います。

 (自分に言い聞かせている笑)

 

 

 

 

そして、

クレッセントに在籍している生徒たちの今年の目標が出来上がりました。

全て、生徒の希望を第1優先にして、お母さまと私と、みんなで相談して決めたものです。

 

************************

 

PTNAステップ秦野地区  18名

地元の音楽祭オーディション  4名

PTNAコンペソロ  12名(A1級、B級、C級、D級、F級、G級)

PTNAコンペ連弾  4組 連弾初級B(1組)初級C(1組)中級B(1組)上級(2組) 

全日本学生音楽コンクール  3名(小学生の部、高校生の部)

日本クラシック音楽コンクール  6名

 

************************

 

生徒たちはコロナにも負けず、とても力強く前進しています。

すごいなあといつも思います。

私も頑張らねばと思う毎日です(^^♪

 

 

 

 

ソルフェージュの幼児クラス、とても楽しく発進しています。

すごく楽しそうですよ!

刺激満点のウキウキのクラス。

5月位までに入って頂ければ遅れは取らないと思います。

一枠、受付できますので、是非チャレンジしてみて下さい。

体験、もちろんOKですので💛

 

 

 

|10:51| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
こういう状況にどのようにして対応していくか💦

新型肺炎で日本中が、世界中が巻き込まれていますね。

人生を過ごしていくうちには

考えもしなかったことがいくつか起こるものです。

経験したことがない・・・

予測もつかない・・・

 

だから、人は一種のパニック状態になります。

前にちょっとでも経験したことがあり、予測もちょっとはつくかな、

ということでは、パニックは起こさないものです。

 

 

でも、人には適応力

というものも備わっています。

 

困難な時に、どう対応するかは

とても大切なことで

その判断一つで大きく舵取りが変わってくることもあるので

早計に判断して行動するのは控え

どうしようか、まず、落ち着いて考えてみることは必要でしょう。

 

もちろん、完全に渦中にはまっていらっしゃる方は

本当にお気の毒で大変で、心が痛みます。

早く全てが解決し改善されることをお祈りするしかありません。

 

 

 

今日は

そのような渦中にいるわけではないけれど、

かなり影響を受けている子供たちに特化して

どのように対処し対応するべきか

考えてみたいと思います。

 

               昨年の勉強会の様子↓

 

クレッセントは

3月8日(日)に東海大学駅前にあるタウンニュースホールで

毎年恒例のクレッセント勉強会を開きます。

生徒は小1から高1まで、一人5分〜15分ほど演奏します。

毎年、勉強会では

発表会とは違い、ミニリサイタル形式で、数曲演奏します。

バロック、古典派、ロマン派、近現代と、

なるべくいろいろな時代から選曲し

それぞれの奏法の違いも勉強しながら曲を作り

それを披露します。

 

生徒も一生懸命練習していますし

今のところ、よほどのことにならない限り、中止する予定はありません。

 

 

学校は休み、終業式も卒業式もなく、もしくは簡素に、

そのまま春休みに入り

それだって始業式、入学式までもつれ込む可能性だってあるわけで

この3月をどのように過ごすかは

子どもたちにとって大変な問題となります。

 

学校が無くて、外にも気軽に遊びに行けない・・・となると

家でゲームに走る子が多くなるのでは(;’∀’)

でも、そんなふうに長期の休みを過ごすのは

なんとももったいない。

 

その点、

ピアノは室内での勉強なので

膨大な練習時間が与えられたも同然となります。

(もちろん、その膨大な時間をどう使うかはその子によって違うと思うけど)

 

なのでクレッセントのメンバーにはこう伝えました。

私のブログは、ピアノを練習する方、ピアノが大好きな方

みんなに対する気持ちを書いているので、

クレッセント以外の読者も相当多いはず。

何かご参考になることがあれば・・・

という思いで、載せたいと思います。

 

 

 

   「毎日コロナウイルスのことがニュースになり、

    皆さん不安に思っていることでしょう。

    クレッセントでもこれからの対応を考えて行かないといけないと思っています。

    ただ、子供たちにとって、学校もお休みになった今、

    毎日の心の支えになるものが絶対必要です。

    夢中になるものがあり、やらなくてはいけないことがある、ということは、

    精神的に安定するために人間にとってとても大切です。

 

    たぶん、子供たちは勉強会があるということは大きな支えになっているはず。

    なので、今のところ勉強会を中止する気持ちはありません。

     (もちろんこれからの動向は確認しながら対処していきたいと思います)

    今までと同じように、しっかりと練習し、

    余っている時間で音楽鑑賞をする、伝記を読む等、

    考え方によってはこんなに音楽と向き合える時間があることは滅多にないので、

   「逆転の発想」で毎日を充実させて下さい。

 

    私はレッスンもこれまで通り行いますが、

    ただ、ご家庭でどうしても行かせたくないというご判断があれば、

    お知らせ下されば全くそれはそれで構いませんのでご遠慮なくおっしゃって下さい。

 

    勉強会が終わりましたら、励みになるよう、逆に春休みの宿題を少し多めに出します。

    また、伝記やCDの貸し出しを行います。

 

    どんな時でも有意義に過ごせる人と過ごせない人の差は大きいです。

    皆さん、頑張って乗り切って下さい。」

 

 

 

 

 

これ以上、状態がひどくならないようお祈りします。

でも、もしそうなったとしても

みんなで力を合わせて励まし合いながら

乗り切っていきましょう。

 

 

 

           追伸:   生徒は大変頑張って練習しているので

        このような状況で、一般公開します!と言い切れないところが大変残念ですが

        もし、ご興味があって聴きにいらして下さる方がいらっしゃいましたら

        歓迎いたしますので、どうぞお越しくださいね。入退場自由です。

                         13:30から16:30までやってます。

        マスク持参でお願い出来れば有難く思います。

        どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

|14:20| 石井晶子の独り言 | - | - | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
自分の好きなことに打ち込めるって素敵(^^♪

今年は台風の被害が大きくて、各地で本当に大変なことになっていますね。

温暖化の影響としか思えないことがたくさん起きていて

日本、このまま大丈夫なのかな、と思うこともしばしばあります。

本当に早く復旧されることをお祈りいたします。

 

 

 

でも、そんな中、

最近のスポーツ界は日本人が大活躍で

ゴルフの女子、バレーボールの男子、ラグビー・・・・と

これまであまり勝率の良くなかったスポーツも大躍進していますね。

最近は

昔のゆとり世代が問題!だからもっと勉強させないと、という流れになっていますが

逆にそのゆとり世代に伸び伸びと育った子供たちが

ここにきて花開いている、ということは事実です。

子どもたちがどんなふうに育ったかの結果は、10年も20年もあとになってからしか結果が分からないわけで

 

ゆとり・・・

があると、

そこで、サボってしまう人ももちろんいて、それが今問題になっているんでしょうけれど

でも

ゆとり、があるからこそ

自分のやりたいことに打ち込めて才能を発揮している人も出てくるわけです。

 

 

 

 

ピアノの世界も

小さいころ有名で

才能に溢れた子供たちが小学校高学年から勉強で忙しくなって練習できなくなり

自然に名前を聞かなくなる方もたくさんいます。

私の友人の指導者たちも

口々に、高学年になるとピアノが続かないこと、停滞すること、が話題になります。

 

人間はいろいろな人がいて

興味を持つことも千差万別だから

 

勉強が好き!

という人は勉強に打ち込めばいいし

 (もちろん基本的に勉強は嫌でもやらないとダメだけど)

スポーツが好き!

という人はその練習に時間を使えばいいし

絵を描くのが好き!

本を読むのが好き!

 

そしてピアノが好き!

という人は

その練習に時間をつぎ込めたらどんなに素晴らしいでしょう。

 

打ち込む時間のゆとりがあったら

どんなにその子は伸びるでしょうか・・

 

 

 

好き!とはっきり言えるものがある、というのは

人生を過ごす上で最高の幸せで

また、

それは最高の才能だと私は思います。

 

クレッセントのメンバーもいろいろですが

中高生、高学年、これから高学年、という子に

ピアノが好き!だから時間を使いたい、という意思のはっきりした子が多いのは

私にとっても大変幸せなことだと思います。

 

これからは

激動の時代。

ずっと同じ会社で働く、ということも少なくなってきますから

どんな状況でも対応できる

忍耐とスタミナと意欲に溢れた人たちは

きっといつか、いろいろな道で成功することが出来るでしょう。

しっかり鍛えていって欲しいと思います。

 

 

 

今日の写真は、

ホームページをリニューアルオープン!?するために

昨日カメラマンの方がいらして写真を撮っているところのクレッセントの風景です。

半日かけて撮影しました。

たくさんの生徒と保護者の方がこのために集まってくれて

賑やかに楽しい時間を過ごしました。

生徒の一途な真面目な、でもキラキラした目が私は好きです。

 

ホームページは年末か年始に公開できると思います。

乞うご期待です(^^♪

 

 

 

 

|21:19| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
かわいいかわいい野菜苗のおはなし🌸

今日の写真は

私が育てている野菜の苗たち☆彡

     ↓すいか

 

 

4月2日に発熱して以来、3週間ほど毎日熱が続き

発疹や腹痛もおこし、

私は一体どうなっちゃったのかな?

と思いながら、仕事も半分休ませてもらって

のらーりくらーりと過ごさせて頂いてました。

 

GW明けから少しづつ食欲も戻り

体力・・というより気力の方が無くなっていたのが

少しずつ復活してきて

まだ波はありますが

だんだん前のような感じに戻りつつあります。

 

 

   ↓バジル (トマト苗の横に植える予定)

 

昨日の検査結果でも

結局原因は不明で、数値が改善されていることから

無罪放免?!になりそうな感じです。

ご心配をおかけして申し訳ありませんでした!

 

しばらくは、無理するつもりはないですが

またよろしくお願いします。

 

 

 

こういう状態になった時って

最初はじたばたするんだけど

長期間になってくると

だんだん、諦めのような、達観?した感じが出てきます。

いい意味でも悪い意味でもね。

まあ、人生のんびりやろうか・・・みたいな。

時間がゆっくり過ぎていく・・・というか。

そんな時、ふと今までと違うことを自分なりに見つけることもあるんですね。

 

 

   ↓ キュウリ(左がバテシラズ3号、右は四葉キュウリ。

           どちらも上手くできれば逸品です☆彡)

 

 

体調のせいで菜園にしばらくいけない日が続き

かといって畑に行く気力体力はないし

ああ、種蒔きしないと適期を逃がすし、どうしようと思ったときに

今迄まった興味のなかった育苗(自宅での)をすることを始めました。

家でポットやセルトレイに種蒔きして苗を育てることです。

 

 

    ↓マリーゴールド  トマトやナスの害虫除けで畑中にたくさん植えます(;'∀')

 

 

まず、ポットに土を詰めます。

下の方には培養土をいれて上の方は赤玉土をいれます。

芽が出るところに栄養が多いと、タネが上手に発芽しません。

栄養っけが全くない方がうまく行くんです。

そして根が伸びると、一生懸命栄養のある方に根を伸ばすので

結果的に根が良く伸びていい苗になります。

根っこが自分で考えて、リサーチして、見えないはずのそちら側に根を伸ばしていくわけです。

やみくもに根っこを張るわけではないのですね。

すごいなあ。

この作業をのんびり少しずづやるんです。

(というのはこれしか動けないんですね)

 

 

 

そして根が出た後(これは私には見えないけど)発芽するんです。

4日位から1週間もっとかかる時もあるけれど

それを気長に毎日覗いて見てるんです。

きながにきながに・・

 

ちらっと芽らしきものが顔を出して

ゆっくりゆっくり伸びていきます。

大体苗づくりには1か月位かかることが多いので

それを毎日覗いて観察するんです。

その日によって、とか、その野菜の種類によって

お水の上げ方も変わってきます。

様子をみながら、匙加減をするわけです。

 

ゆっくり時間が過ぎているときには

これは本当に楽しみで、だんだん大きくなっていく姿は

子どもの成長をみたり、生徒を育てたりするのとまるで同じ感覚ですね。

 

実はしっかりした苗を作ると、

そのあと畑に定植した時の成長が目を見張るものがあります。

大きくなった姿しか私たちはふだん目にすることはありませんが

その育った野菜は

苗の良し悪しで70%決まってしまうという話も聞きます。

 

 

   ↓ 赤トウガラシ 昨年出来たものの自家採取のタネから

 

 

 

そう考えると

子どもたちを育てるのとすごく似ていますね。

お教室でしっかり子供たちに指導したものが(苗づくり)

どんなふうに外に出た時に開花するのか(定植)

それは本当に楽しみなことです。

きながーにきながーにね(^^♪

 

ひょんなところから

違うものが見え、

ひょうんなところから

違うものに興味を持ち

でもそれは根っこですごく繋がっていたりして・・・

 

本当に人生は何がどう転ぶか分からないので面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

|09:14| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
| 1/20 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.