| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
一つ一つの音に命を吹き込むということ

念願の浜松国際コンクールが始まり

昨日はもう第1次予選が終了し、結果発表がありましたね!

     →浜松国際コンクールのHPはこちら

 

95名の参加者のうち通過したのは24名。うち日本人は9名でした。

 

 

この浜松国際、大変人気の高かった著書「蜜蜂と遠雷」のモデルになったコンクールということがあり

今回、すごい人気で注目度がヒートアップしていますね。

 

私の知人の先生が、前回はふらっと出かけて、当日券で入場したから

今回もと思って、浜松に出かけたら、

見事に満席で、入場できなかったとお話を伺いました(;’∀’)

なんと、第1次予選初日から満席で、最終日まで全て完売だそうです。

 

 

私は、今回この忙しさの中💦

 

なんと!大胆に第3次予選から本選まで、5泊6日で浜松に出かけてきます(^^♪

半年前からホテルの予約を取り、3か月前にチケットを購入(すでにこの時にもういい席はなかった!)

なので、何が何でも行って勉強をしてまいります(^^♪

 

わーん、私は聴けない、とがっかりする必要はありません。

ライブでも、あとからでも演奏は聴けます。

(浜松国際のHPから入れます♬)

 

 

昨日、牛田君のことが気になって、演奏録画を聴きました。

リストの超絶技巧と、プロコフィエフのソナタ第7番。

もう、素晴らしい演奏で、ダントツ。

彼はまだ19才なんですよね。

本当に驚くばかりです。

(弾いている姿は10才年上に見える。終わってお辞儀をするときは牛田君スマイルに戻るけど♪)

 

 

何がすごいかといえば、

一つ一つの音に生命が宿っていること。

ゆっくりのテンポにして、決してスピードに頼ることなく

一つ一つの音を育んでいく姿は、

すごく壮絶な感じでした。

 

実は、私はこういう演奏が大好きです。

 

 

私は分析するのが好きなので、

昨夜から寝ながらずっと他の人との演奏の違いを分析。

(こういうことやっているから、いつも眠れないし、眠りが浅い、困ったものだ)

 

 

彼の演奏は

ズームアップしてもズームアウトしても美しい。

画素数がすごく高いのです。

スームアップすると、一つ一つの音が考え抜かれていて、

全てに役割がきちんと与えられているのがよく分かります。

 

こういう演奏は下手するとズームアウトした時に

細部にこだわり過ぎたために、レイアウトが滅茶苦茶で、

全体像のフォルム(型)がいびつで美しくないことが多いものですが

彼はその配置も素晴らしく整っていて・・

 

要するに、ミニマムに聴いても、マキシマムに聴いても

どの位置から聴いても美しく設計されていて

本当に完璧な建造物のようでした。

 

 

往々にしてある演奏は

マキシマムにはなんとなくフォルムが整っているのですが

画素数が少ないため

ズームアップすると、一つ一つの音がぼんやりとして、

何を言いたいのか、何を表現したいのかがはっきりしないのです。

これは目の前の形ばかり追っていて、音そのものには気を配っていないために起こります。

(でも本人たちはたぶん気を配っているつもりと思われます)

 

 

この二つのスタイルの演奏の相違は

ちょっとの違い、、、ではありません。

相当なレベルの違いと考えていいと思います。

 

 

もちろん、牛田君だけが出来ていて他の方が出来ていないということでは全くなく

(全部聴いてないし)

浜松国際の内容の話でもなくて

牛田君の演奏を聴いて触発され、色々考えるきっかけになった、私の個人的な意見と捉えてください(^^♪

いつも私がレッスンをしていて感じていること

普段よく聴くコンサートで常々感じている

「一般論」だと思って下さいね(^^♪

 

 

私は、少しでもこういうことが出来る生徒を育てたいなあ。

私が演奏するときも、それに一番こだわっているので・・

 

指が動いているだけの演奏家

音そのものを吟味しようとしない演奏家

にはならないように気をつけましょうねーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|12:05| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
憧れのベヒシュタイン💛

 

 

 

 

次々にご報告がありますが、

何と言っても今話題沸騰中(自分だけ!)なのがうちのピアノの話です。

 

 

指揮体験や日帰り京都やイベント事務仕事など、抱え込んでいることが膨大な中、

以前購入予定にしていたピアノの搬入が突然、その真っただ中に決まり

慌てて物置のようだったピアノ室を大掃除!

本当に怒涛のような日々でした💦

 

 

それの搬入が大変だったんです。

 

 

レッスン室は道路に面した2階なので、

窓のサッシを取り外し

クレーンで吊って入れますが

うちの周りは

電線が張り巡らされていて

大きな木が2本わさわさしていて、・・・

 

その間を潜り抜けるようにして

大きながたいのピアノを吊って移動させる様は 見ごたえ十分!!

プロのクレーンテクニックを存分に?味わいました。

 

その見事なテクニック、 写真で追っかけてみてみて下さい(^^♪

ちょっとパラパラ漫画みたいに☆彡

 

           

 

私の愛車だったヤマハC6。

20年もお世話になりました!ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にプロっていうのはどこの世界でもすごいなあ!!

感心一しきり。

 

が、実は

前のC6を出す時に(別の業者さん)

2階の花台に、なんとうっかり重さ350圓鮠茲辰韻討靴泙辰

ベキベキッ

すごい音がして 壊してしまい、

来週 修理、というレベルでなく、工事をすることになりましたが・・・

 

まあ、プロといっても プロ中のプロ 

なんちゃってプロ

というのがあるんですね、どこの世界でも(;^_^A

 

               

 

 

そしてべヒ★

 

べヒの感想?

もう素晴らしいですよ!

またこちらの方はゆっくりと後日(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

|07:28| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
えっ? 理想の親 理想の生徒 ?!

写真はニンジンの花🌸

 

 

雨が少しずつ多くなってきましたね。

アジサイもずいぶん蕾が目立つようになってきて、

梅雨も間近なのかもしれません。

 

 

さて、最近メールで生徒の親御さんから相談というか質問がありました。

 

先生にとっての理想の親と生徒はどんな人なんでしょうか?

 

いきなりどかんと来ましたね!!

 

うーーーーん

 

私は、人はそれぞれだと思っているし、

個性も、熱意とか方向性とか、その家庭の方針も多種多様で

そもそもピアノレッスンに対するニーズだってみんな違うだろうから

理想・・・と言われてもねえ・・・

                 

 

うーーーーん

 

なんて、逆にこちらがいろいろ考え込んでしまいましたが

 

もしかするとお母さまは

もっと単純に どうすれば上手になれるか?

を聞きたかっただけなのかもしれないので

 

だったら私が普段考えていて、

こういうふうに練習すればもっと良くなるのにとか

こういうふうに考えるともっと良いよ

 

ということをちょっとまとめてみることにしました。

 

 

私は、ピアノの前にだけ座って指の練習だけをひたすらするようなことは好きではありません。

もちろんそれはとても重要なことで、

やっぱり練習に費やす時間の7割は占めるよ思いますが

(練習すごく重要!きちんと練習してね💦)

 

あとの3割。

 

ここの使い方が結構重要・・かなと思います。

(特に弾くことばっかりやっている人)

 

実際のところ、

3割使っている人と0割の人では うちの教室でも歴然と演奏に差が出ています。

要するにピアノの前に座ること以外のことにどれだけ大切なことがあるか。

 

楽譜の中のことをよく調べているか。(前もって予習はしているか)

ソルフェージュの勉強 (カデンツやスケールや調やろズム・・・ほかたくさんの勉強 をきちんとしているか

ノートをよく書いているか? (うちでは毎日1ページが約束のはず!)

練習している作曲家のほかの演奏(CDやYou tubeや)を聴いたり 伝記を調べたりしているか

ピアノ以外の楽器やオーケストラの演奏もよく聴いているか

 

それよりも何よりも 私が言ったことをただ忠実に守って弾く・・ だけでなく

自分から曲に対して、演奏に対して アプローチしていって欲しいということです。

アプローチをするためには気合と勘だけでは無理で

理論的な裏付けも大切になります。

 

 

そう、だからいつも言っているけど

私は 音楽は学問 と思っているので

敢えて理想というならば(あまりこの言葉は好きではないけれど)

そういうふうに

音楽を学問と考えて、

きちんと学び考える姿勢を持った人たちが 自分は好きなのかなあと思います。

 

 

さて、クレッセントもいろんなイベントが目白押しです。

   

■昨日は中3のかなちゃんが、

 開成町サロンコンサートの若い芽のコンサートで熱演しました♪   

     

  ショパン エチュード Op.25-3 ヘ長調 

  ベートーベン ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」全楽章

 

 

 

■今日からはコンペが予選がスタートしました。

 

  連弾中級Bのいおりちゃん&さおりちゃん(中2)ペアが

  ソロD級のたかふみ君(中2)の

 

 

    通過のお知らせが入っています。!!

 

    おめでとう!

 

 

 

みなさん、素敵な演奏家になれるよう

是非多方面から頑張ってくださいね(^^♪

 

 

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

|15:09| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
最高の五月晴れ  ここに極まれり

菜園で咲いていた、地生えのヤグルマソウ🌸

 

 

昨日はひどく雷が鳴ってどしゃぶり。

今日は天気が一変して素晴らしい五月晴れ!

                                       

 

かなコン本選は迫っているし

15日にはチェルニー100番のテクニックセミナーもやるし

水曜日には新しいソルフェージュクラスも始まるし

 

うーん、全く準備が間に合ってなくて

こんなことしている時間なんかないぞー と思いつつ

 

でも、でも

今朝うちの菜園にいったら

本当にお野菜が美しく育っていて

収穫したものはどれも甘くておいしいし、

やっぱりお披露目しちゃおう!

と思い 書いています。。。

 

どうぞ写真で堪能してくださいね(^^♪

 

 

 

ジャガイモの花  パープルでかわいい。可憐な花☆彡

 

 

シュンギクの花   意外とかわいいでしょう?びっくりです。

 

 

初めて成功したチンゲンサイ  ふっくらおいしそう

 

 

柔らかくてレース模様が本当に素敵!  人参ベビー  間引いて食べます。

 

 

収穫したソラマメ  よくぞがんばりました

 

 

お豆3種  スナップエンドウ×グリンピース×ソラマメ 甘くてすごくおいしい

 

 

そして今日のスターは、ニンニクの芽。この時しかない掛け値なしの旬のお野菜!

 

頑張った甲斐があります。

これ食べたら、仕事また頑張れるかも・・・ファイト(^^♪

 

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

|11:17| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
オンリーワンを目指そう(^^♪

この冬は本当に寒いですね。

どうも日本だけでなく、あちこちで寒さが異常なようです。

先日ネットのニュースを見ていましたら、

世界で一番寒い村〜ロシアにあるのですが〜

そこで、なんと−63度を記録したそうです。もちろん最低新記録です(汗)

 

この気温になると、空気中の水分が凍るため、視界が真っ白になるそうですね。

何度になると雲が出来るのか調べてみたら

−30度〜−40度位で全部の水分が凍るらしいので、 そうか・・・

まるで雲の中を歩いているような感じになるっていうわけです。

 

 

洗濯物が乾かなくて大変?

いえいえ、外に干すと、一瞬で凍るので

それをパンパンと叩くと氷が落ちて、すぐに乾燥するらしいですから

全くの異次元の世界なんですね。

 

そういうところの方からしたら

−5度位で寒い寒いと騒いだり 10兩磴降ったと騒いだりしているのは

もしかしたら呆れるほど滑稽なのかもしれませんが

そういう耐性が普段から無い私たちにとっては 本当にキビシくて、ちょっと辛いなあということになりますよね。。

 

 

さて、それはおいて、 先日の新進演奏家リサイタルのちょっと後日談があります。

 

最後に演奏したサハラ君、 うちの小2のはなのちゃんが大ファンになって

彼の演奏がすごかったすごかったと言って、細かな感想文を書いて私に送ってくれました^^

それがとても的確だったので サハラ君に転送しました。

それと一緒に、はなのちゃんが発表会で演奏したYou tube(連弾の)のアドレスも送ったら

彼からこんな返事が返ってきました(^^♪

 

矢印紫「こんにちは。 ユーチューブで送ってくださった動画を拝見しました。

  はなのちゃんが本当に心を込めて弾いているのが伝わりました。

  二人の息もピッタリで、聴いていたらなんだか楽しくなってきました!

  はなのちゃんには、ぜひオンリーワンを目指して羽ばたいてねと伝えてください。」

 

なんて素敵な流れの文章でしょう!誠実な人柄がよく伝わって来る文体ですね(^^♪

 

                      

 

オンリーワンを目指して・・・

そうか、彼もそれを目指しているんだな。 それがまた逆に伝わって来ました。

なるほど、だからあの演奏なんだ。

 

つい最近、この新進演奏家リサイタルの時に好意で録音をして下さった 録音マニアの知人が

全演奏をCDにして私に持ってきてくれました。

それはそれは優れた録音だったのですが

本当に演奏が素晴らしくて・・

その録画してくれた知人が

「今回、僕はあんまり知らない曲が多かったんだけど 全く飽きないですごく面白かった・・

というのはやっぱり演奏家がすごいんですよね。」

そうです、そうです。演奏がすごかった

・・ というだけでなく、

みんな 非常に個性がクリアだったことが素晴らしいんです。

 

ナンバーワンを目指す人には絶対出てこない あの味わいは、 オンリーワンだからこそ。

さあ、みんなもオンリーワンを目指して頑張って下さい。

 

 

え?どうすればオンリーワンになれるか?

 

それは、やっぱりピアノの前に座っているだけでなく

他の楽器の演奏や歌やオーケストラを聴き

自分が練習している曲だけでなく、いろいろな曲を聴き

作曲家について調べ

本を読み

想像力を高め

体を動かし

泣いたり笑ったりいろいろな経験を積み

そしてピアノの前に座ったら、徹底的にこだわることです。

 

貴方のそういう蓄積が、貴方だけのものを醸し出し

そして貴方らしい演奏になると 私は信じています(^^♪

 

 

 

 

さて

大人の生徒さんや関係者の方の「大人のためのコンサート」が2月4日(日)にギャラリー楓であります。

10:15開演で12:30終演予定です。(入場自由です❤)

出演の皆さんは すでにお仕事を持ったり、子育て真っ最中だったり。

すごく忙しい中、それこそ頑張って練習していらっしゃいます^^

みんなの環境は すでにナンバーワンを目指すような環境ではありません。

コンクールなわけでも、学校の試験でもなく

競争の中で練習をしていないのですから。

 

 ナンバーワンを目指す人は、競争の中でしか自分のモチベーションを上げることが出来ません。

 逆に言えば、競争のないところではモチベーションを上げることが出来ないのです。

 

人に左右されず、自分でこだわって自分を追求して練習をする。

これこそ、素晴らしいオンリーワン・・・ですよね。

 

                           

 

 

|20:25| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
時空間を自由に操る
今日の写真はうちの菜園風景。
伸びやかな若草色が雨粒に映えて美しい!
雨と雨の合間に行って撮ってきました(もちろん作業しました(^^♪)



時空間を自由に操る


こんな題を書くと
どんなにか素敵な内容!と思うかもしれませんが大した話ではないのでごめんなさい(^^♪


今、生徒が音楽祭やクラコン本選を目前に、猛ダッシュで?練習を重ねています。
それで、先日リハーサルをやりました。

同じ指導者が教えていても(私なんだけど・・汗)
いろんな弾き方をする子がいるんだなあ。
それぞれ、その子の性格、個性、身体感覚、そして美的感覚・・・などが音にはよく出ます。


ちゃきちゃき行動したい子は、

もちろん長所は、活発で技巧的で、明確な音が魅力だけれど
往々にして フレーズを弾き急ぎ、音もストレートで、フレーズの最後も弾き飛ばしがち。

のんびりタイプの子は、
長所は、表現意欲があり、丁寧で、音も豊かだけれど
往々にして フレーズが滞り、拍に対して遅れ気味で、音楽の流れが停滞しがち。


これは、

〇各々の身体感覚(運動神経)

〇自分が美しい、素敵だ、と感じるもの


の違いからきます。

実はこれが大事な個性でもあります。

なので、個々の個性を大事にしつつ、
でもやっぱり
引き出しは多い方がいいし
いろんな弾き方が出来た方が楽しいし
基本的な勉強というのは個性の外にあるものだから

いろいろな弾き方をマスターしていって欲しいなあと思います。





今日はそれをもとにして、ちょっと書きます。

音楽はそのフレーズ、フレーズをむずびつけていくことにより、もっと長い大きな音楽の流れとなります。

それで、もし、フレーズが完璧にきれいに弾けた・・・として
次は、フレーズとフレーズをつなぐ作業に入ります。

そこで問題になるのが、どういうタイミングでそれを次に渡すか。
そこに、時間(間)に対するセンスが問われてきます。

相手に何か「物」を渡す時
絶妙なタイミングで渡されると、
場違いなタイミングで渡されるより
「物」は同じなはずなのに
その「物」自体も魅力的に思えてきます。

〇すごく忙しい時に、呑気に丁寧に渡されるといらいらする。
〇ゆっくりのんびりした雰囲気に浸っている時に、急かされるように渡されると
折角の気分が台無しになる。

〇うきうきした楽しい気分の時はポーンと遊びで投げてもらっても楽しいし
〇落ち込んでいる時には、なぐさめるように丁寧に思いやりをもって渡して欲しい。

なーんてことありませんか?


だから、その時の曲想や、その場の雰囲気を素早くキャッチして

どのようなタイミングで
どのような感じで渡すのか

そのフレーズとフレーズの間に存在する 時間空間 (間(ま))

を、自由自在に操ることが出来れば

その演奏を聴いている人は
知らず知らずと
その人のその時の気分を最大限に理解してくれている貴方の演奏の
虜(とりこ)になってしまう。




ということになるわけです(^^♪

ね、素敵でしょう?
トライする価値は十分にあると思いませんか?














|09:48| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
| 1/19 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.