| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
PTNAコンペ本選全て終了しましたね☆彡

クレッセントでは結局

コンペエントリーが20人(組)

予選通過が19人(組)

本選入賞が14人(組)

そのうち3人(組)が決勝大会に進みました!

 

後半戦の写真を楽しんでください💛(撮れなかった生徒もいました、ごめんね!!)

 

 

 

今年は特別に暑い中、みんな予選から本選まで、よく走り切りました。

長い道中、いろんなアクシデントに見舞われた子もいます。

長く歩いていると、もちろん、道は平坦ではありません。

山あり谷ありというのは、誰が発明?した言葉か分かりませんが

本当に‘言い得て妙’とはこのことです。

 

でも、山だけでなく、谷だけでなく、

川があって橋が無くて回り道した子もいれば

でこぼこ道に足がつまずいて、転んで痛い思いをした子や

ウサギと亀のように、ついうたたねをして後で慌てるウサギちゃんもいたり・・・

 

参加して頑張った子は、そして家族の方々は

いろんなドラマがあって、劇的な夏だったことと思います。

こういう体験は大きいですよ!

後でじわじわ効いてくると思います。

夏休み、体力と精神力のアップには最適かと(笑)

 

さてさて、 今年のコンペ。

ちょっとした傾向が見られたのではないかと思います。

まず、速い曲を弾く子が少ない。

そして、早くて素晴らしい技術を披露した子が報われてない感じがすごくしました。

 

おそらく、今の音楽業界そのものが(特に子供たちを取り巻く)

「表現」が大事ですよ〜〜!に走っているのではないかな?

 

早く弾くより、ゆっくりとたっぷり表現をしましょう?

速い曲で技術を披露するタイプは表現が出来ない?

 

確かに半分くらい当てはまる場合もあると思うけど

なんだか偏り過ぎてないかなあ。

 

                        

 

日本人の際立つ特性は 右に流れると右に流れる、

ということは、よく言われることですよね。

私は右向いたら左に向く、ほど、ひねくれてはいませんし、

もちろん右向いたら、右向くタイプでは全くありません。

 

え?それじゃあ何?

結局、

自分の考えが1本あり、 それは決してぶれることはなく、

尚且つ、それを微調整するだけの柔軟性を持っていることが

大事ではないのかなあ、と思います。

 

 

 私は「美しさの秘密」というのは 究極のところ、バランスではないかと思っています。

それは決して中途半端という意味ではなく、

 

〇技術的に突き詰められて鮮やかで素晴らしく、リズムのキレがよく、波打つ拍動を感じる、

人間の「動」の部分と

 

〇なめらかでどこまでもうっとりと美しく、微妙にルバートがかかり、まるで拍や時間を忘れるほどの歌 

人間の「静」の部分と

 

〇はっきりと意志的に弾く、その演奏者の意志の強さ、決断力・説得力の強さを表す

人間の「芯」の部分と

 

〇レジェロで羽が生えたように軽く、どこまでもころころと純粋に気持ち浮き立つ

人間の「楽」の部分と

 

〇不安や恐怖など、出来れば見たくないネガティブないものを、勇気をもってまるで直視するような

人間の「強と弱」の部分と

 

全ての美しさが決して偏ることなく

そして全体を通してみた時に、

それが絶妙のバランスでレイアウトされ散りばめられている・・・

私が考える美とはそんなところでしょうか。

(特に3番目と5番目は上級曲には必須ですね)

 

 

 

 

今はなんだかとても偏っていると私は感じます。

じゃあどうする?

 

偏ったものは必ず反動がきます。

これまでも歴史が繰り返していることです。

ちょっと前には技術偏重だった時がありました。

 

極端に走り過ぎると、戻れなくなりますから

皆さんは、心をしっかり持って、自分の考える演奏をして

「あの子の演奏、なんだか印象に残ったわよね♪素敵だったわ」 と言われることを目指して下さいね。

 

印象に残る、というのは 決して皆と同じではない・・・

ということの表の表現ですから(^^♪

                      

 

 

■決勝大会進出  

グランミューズJカテゴリー  北原香菜(中3)         

連弾中級B  多田衣織(中2)&多田早織(中2)

連弾初級C  山本大誠(小5)&橋口葉(小5)

 

■本選優秀賞   

A1級 古川諒(小2)

E級 多田衣織(中2)         

連弾初級B  荒井大河(小3)&深澤由瑞(小4)

連弾中級B  丸岡花珠(中2)&重田理央(中1)

 

■本選奨励賞   

B級 佐部利有真(小2)

D級 多田早織(中2)  

D級 上野貴史(中2)

連弾初級A  古川諒(小2)&加藤葵(小2)

連弾初級B  鈴木凜(小3)&肥田華乃(小3)

連弾初級B  荒井大河(小3)&佐部利有真(小2)

連弾初級C  鈴木凜(小3)&肥田華乃(小3)

 

 

 

 

 

おめでとうございました!!

                    

 

 

 

 

|07:29| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
PTNAコンペ本選 前半戦終了!毎日暑い!!

毎日暑いですね!

ただ「暑い」と書くのは気が引けるほど暑いです。

昨日、ネットのニュースで、

人工衛星からみた?測った?関東の地温分布図なるものを見ました。

都市部は真っ赤ですごくグロテスクな色で染まっているのに、

秦野など山や森が多いところは色が染まっていない。

 

緑がない、ということはいろいろな弊害があるのですが

こんなにも地温に差があるのだなと、改めて感じた次第です。

今朝も6時から菜園に行ってきましたが 確かに暑いんだけど、

あきらかに、穏やかな暑さです。

うちは菜園というイメージの通り、通路には草がこんもり茂り、あたり一面が緑です。

(要するに草ボーボーで手入れが行き届いていないということか!手入れ一生懸命やっているんだけどね。。)

 

それが朝露でぐっしょり濡れて、

葉っぱにたくさんの水滴がついている。

 

アスファルトで35度あっても、草の中では25度と言いますから

その差はなんと10度もあるんです。

 

秦野に住んで思うことは、ああ、丹沢山系の山々が守ってくれている、、ということです。

かなり痛切に感じます。

この緑、大事に大事にしていきたいですね!

と思うと同時に

もっともっと、都会は緑を大量に取り入れるスタイルの街づくりをした方がいいのではとつくづく思います(☆彡

 

東京の人、湘南の人、 秦野に来るとみんな、秦野は涼しいと言います。

ホントかなあ、こんなに暑いのに・・と思いましたが

ここのところ、連日東京に行って、よーく分かりました。

ホントに暑い。

暑さがとても鋭いというか容赦ないというか。。

 

 

 

さてさてPTNAコンペ本選も昨日で前半戦が終わりました。

結果はいろいろ。

課題がたくさん見つかった生徒も、

これを機にぐんと成長出来そうな生徒もいます。

 

精一杯努力した上での「行動」は、必ず「進歩」につながりますから

目先の賞に決してこだわることなく、くらくらと惑わされることなく

(もちろん取れたら素直に喜んでね(^^♪

これからもみんなには

目標を高く持って頑張っていって欲しいと思います💛

 

 

 

 

決勝大会進出☆彡  

グランミューズJカテゴリー  北原香菜(中3)         

連弾中級B  多田衣織(中2)&多田早織(中2)

 

 

本選優秀賞❤   

E級 多田衣織(中2)        

連弾初級B  荒井大河(小3)&深澤由瑞(小4)

 

 

本選奨励賞♠   

D級 多田早織(中2)  

D級 上野貴史(中2)

 

 

 

おめでとうございます!!

 

昨日の中級Bのいおりちゃん、さおりちゃん、

演奏終わった後、私はひとしきりお小言の連発で

本人たちは賞も取れないと思っていたらしく、

発表の時、奨励賞に名前がないので、本当に諦めたそうですが、

一番最後に名前があって、びっくりしたらしいです。

 

自然な音楽作りがよいと、

ほとんどの審査員の方に書いて頂けたそうで

これは私にとっても本当に嬉しかったです。

実は最近、なかなか賞の取れない生徒たちを見ていて、

他の上手な皆さんの演奏を聴いていて

私の指導法、これでよいのか?と心底思っていました💦

 

私は、あくまで「自然派」なので、

人工的に作らないと取れないのであれば

私の生き方、信条(ポリシー)からはみ出ることになり、

それならなんかやる意味あるのかなあ、もうやめようかなあ なんて考えていました!!

ああ、よかった。

 

 

 

さて、明日から後半戦始まります。 あと5日、頑張って東京に行ってきます💦

 


 

 

 

 

 

|11:11| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
暑さに負けず・・・

うちの菜園で、健康そのもので輝いている

自慢のキュウリ(左下)とエダマメ(右下)とマリーゴールド

                ↓

 

毎年7月末はとても暑いので、とても根性のいる時期なんですが

今年はもう、くじけそうになるほど暑くて

自分の耐久テストをされているようにさえ感じます。

 

それで、自分の耐久テストの結果はいうと((;^_^A

とても合格点にはほど遠い状態かと。。

 

最近は朝早く菜園に行っても、

これ以上出ないでしょという位に汗をかき

ここ2回ばかりは、くらくらと立ちくらみや、気分の悪さを覚え

とても、楽しい作業とは言えず

帰ってもすかっとしないで、気持ち悪いーーーーー

と言ってグダグダしていて

はっきり言って熱中症の症状ですよね。

なんともまあ、体力が無く、情けないです。

 

そしたら、なんとまあ、

自宅の前の畑(専業)の おじいちゃんと、すっかり腰の曲がったおばあちゃん、

街で出会ったら、大丈夫かしらと思わず手を貸したくなるような老夫婦が

一番熱い?!11時から16時位まで

落花生の畑の草取りや追肥作業やらで、

炎天下、ずっと作業している。。。

こちらは10分も立ってられないような炎天下!!!

 

え〜〜〜、いくら慣れているからと言って、なんでそんなことが出来るのか。

さすがプロ。脱帽!!!

 

でも 見た瞬間、

もう、すごく自己嫌悪に陥った瞬間でした。

 

 

そして、週末にレッスンに来た大学を卒業して2年目のMちゃん。

彼女は群馬県の高原にある、高校の音楽の先生をしていて

今年はグランミューズに挑戦しています。

 

話を聞いたら、

学校は高原にあるため、毎年もっと涼しいんだけれど

流石に今年はダメで猛烈に暑く (秦野の方が涼しいと言われてしまった!!)

学校にエアコンがないので、

無しのところで授業をずっとやっているので もう暑いのは慣れました!!!

と涼し気な顔で言う。

 

群馬から3時間かけてレッスンにきて、

駅からも炎天下20分歩いて来ていて それで、びくともしていない。

もちろん若さゆえもあるだろうが 根性が違うな〜〜〜〜、と。

 

うーん、やっぱり 自己嫌悪。

 

このままじゃあいけないので、なんとか脱しようと

ヨガのDVDを買いました(;^_^A

 

さあ、身体を鍛えてがんばるぞ!! なーんて思っていますが

実は明日から延々、PTNAコンペ本選が始まります

クラコン予選もあります(;^_^A

 

今日やっと予選を受けた子がいるっていうのに。。。

本選を聴きに行くのと、レッスンとで

結局当分、自分の好きなことは出来なさそうです。

 

 

さてさて、とうとうコンペ予選終わりましたね。

クレッセントでは、総勢19人(組)が予選通過しました!

私は連続7回目の指導者賞を頂けることになりました。

みんな、よく頑張りました!!

以下、通過メンバーのお知らせです。

 

A1級  加藤葵  古川諒

B級  鈴木凜  佐部利有真

D級  上野貴史 多田早織 重田理央

E級  多田衣織

グランミューズJ級  北原香菜

グランミューズA1カテゴリー  五十嵐桃子

連弾初級A  加藤葵&古川諒

連弾初級B  荒井大河&深澤由瑞  鈴木凜&肥田華乃  荒井大河&佐部利有真

連弾初級C  橋本有楽&安食慶優  橋口葉&山本大誠  鈴木凜&肥田華乃

連弾中級B  多田衣織&多田早織  重田理央&丸岡花珠

 

暑いけど

本選も是非頑張って

是非暑さの耐久テストに合格して下さい!!

(ここまでくれば結果はどうでもいいので、とにかく走り切りましょう(^^♪)

 

                

 

 

 

 

|07:49| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
☆PTNA予選終盤戦を迎えて☆

毎日暑い熱いですね!!

 

 

あと少しで予選も終わるというのに、

昨日初めて予選を聴きにに行ってきました(^^♪

最近の生徒との約束は

 

予選は聴きに行かないけど本選はきっと行くからね!

 

ということにしていましたが、

なぜか?今年はほとんどの子が予選を通過していて

(残念だった子は来週受けます)

みんな本選は場所も日程も散っているため

ほとんどの日程の本選に行くことになるのか???

 

うーん、

 

こういうのを嬉しい悲鳴と言えば言えるのかもしれません。

 

この暑さで、この人数。。

うーん、

頑張るけど・・身体がもたなかったらごめんね。。

 

                  

 

写真は昨日のPTNAコンペ予選にでた、うちの生徒たちと

応援・勉強に来た生徒たち♪

みんな通過出来てよかったね!

これで18人(組)の通過となりました(^^♪

       ↓

 

愚痴?はともかくとして、

昨日は連弾だけを聴かせて頂きました。

 

感想は・・・? そうですね。

とてもとても綺麗に美しく弾いているペアが多かったと思います。

礼儀作法もばっちりだし。

 

でも、あとちょっとひねりがあったら、

もしかして

きれい・・・から すてき ・・・  魅力的・・・  刺激的・・・

なーんて言葉が出てくるようになるかもしれません。

 

 

日頃、生徒によく言っているのは

 

人間が「楽しい!」と心から思うのは

 

実はメロディーの力ではない、、ということです。

 

きれいはメロディーなんですが、

楽しいはリズムから来ています。

そして奥深い知的な魅力と推進力は ハーモニーから来ている と、私は思っています☆彡

 

メローディーの美しさはもちろん絶対ないとダメですが

     それはどちらかと言わないまでも、当たり前のことだと思うので

     (だって一番表面的・・一番外側でよくみんなから見えるところですものね^^)

 

それにプラスして

リズムと ハーモニーに注目して勉強していくと

一味違う演奏になるのではないかなと思います。

 

まあ、いい意味でも悪い意味でも

人と違うことをすれば目立つわけで

それをもちろん悪いことには使わずに、

いいことに・・・

そうです、そうです。

音楽に使えば

貴方だけの

とても面白いオリジナリティーが、

じわじわっと出てくるかもしれません(^^♪

  もちろん、基本はちゃんと守ってね!

 

 

写真は今朝うちの菜園で採ってきた野菜たち。

この子たちも私の大事な子供たちです!!

 

さて、来週2人予選があり、

その2日後から本選突入です。

本選は厳しい倍率になりますね。

気分を引き締めて頑張って練習して下さい(^^♪

 

暑い夏は・・・

 

さあ、

 

これからが本番です☆彡

 

 

 

 

|11:08| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
さあ、輝いてください☆彡

 

長い雨から抜けて昨日からまぶしい天気が戻ってきました。

他の地域の方々には本当に心からお悔み申し上げると同時に、

関東だけがなぜか救われているのが本当に申し訳ありません。

やはり地形の問題が大きいのかもですね。

関東は意外に、周りの山に守られている感じです。

 

 

寒暖の差、天候の差が激しくて

身体がついていかない方がたくさんいらっしゃると思います。

私も実際一昨日までの3日間は、身体がどうしちゃったのかな?

という感じでしたが

昨日の秦野青少年音楽祭のオーデションに間に合わせて

どうにか立ち直ってきました!

 

 

昨日は一日皆さんの演奏を聴かせて頂き、

小学生がずいぶん頑張っているなあ!!と感じました。

みんなこの日のために一生懸命練習を積んできたんでしょうね。

それがよく伝わってくる演奏ばかりでした!!

 

                ↑

うちの生徒で午前中弾いた子と、応援に来た子のロビーでの記念撮影(^^♪

みんな楽しそうな顔をしているなあ。

うん、みんな・・・なんというか、個性的☆彡

 

 

地元で頑張っている子もいれば、

先週、今週末と横浜の方で頑張っていたコンペ組もたくさんいます。

 

昨日までのコンペ予選通過は

 

A1級 1人

B級 1人

D級 3人

E級 1人

グランミューズ Jカテゴリー 1人

グランミューズ A1カテゴリー 1人

連弾初級B  3組

連弾初級C  2組 

連弾中級B  2組

 

の合計15人(組)となりました。

予選終了まで、あともう少しですね。

本選ももう間近に迫ってきましたよ!!

 

 

さあ、みんな、 夏の野菜のように?笑

エネルギーに満ちて、

はつらつと活発に、

キラキラ光る眼と耳で

輝くような演奏を目指して頑張りましょう☆彡

 

 

 

|11:02| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
かながわ音楽コンクール本選終了しました!!

 

一昨日の日曜日、やまと芸術文化ホールメインホールで行われた、

かながわ音楽コンクールの本選が終了しました。

 (今日は指導法研究会の40回目でチェルニー100番の講座をやっていたので、ご報告遅れました💦)

 

 

クレッセントからは

予選に12人エントリーして

9人が準本選に進み

3人が本選に進み

その3人が全員入賞することができました(^^♪ おめでとうございます!!

 

全体の結果はこちらから 

 

                         

■幼児の部   杉山祥一君 入賞 

 

          

 

祥一君の演奏は試弾の時の録画をYou tubeにアップしました。       

           こちらから→骸骨達の楽しい行進  

 

 

■小学校低学年の部  肥田華乃ちゃん 神奈川新聞社賞受賞 

 

 

 

■小学校中学年の部  橋口葉君 中学年の部優秀賞(第2位)と

               ありあけハーバー賞受賞

    

    ありあけハーバー賞は、小学生の中で最も印象に残る演奏をした人に贈られる賞だそうです^^

    一箇所、いいところで大きく音を外してしまい残念だった彼ですが、

    それでこの賞を頂けたというのは、本当に嬉しいことですね。

    

 

 

二人で結果を待っているところ。あんまり緊張感ない

    ↓

 

3人は8月24日の記念コンサート(クリスタルコンサート)に出演することになります(^^♪

さあ、ステップもあるし、がんばらないとね!

 

予選を受けた人から本選まで進んだ人、本当に頑張って、いい勉強が出来ましたね。

何より誇らしいのは

受けた人も受けない人も、

たくさんの生徒が聴きに来ていることかな。

  (写真に写れなかった子もあと数人いました!!)

 

聴くことによってどれだけ刺激になり勉強になるか・・

私がレッスンで何回も言うより、よほど効果が高いでしょう。

こういう姿勢がある限り、進歩し続けることが出来ると思います。

さあ頑張って!!

 

 

 

さて、本選全体の印象ですが

中学年までは課題曲を弾くので、その中でどの位表現できるか・・のコンクールになりますが

小学校高学年からは、自由曲になるため、

なんだか毎年、どんどん曲の難度が高くなってきているような気がします。

なので、どうしても必死でこなしている感じが強く

もちろん素晴らしくうまく弾いているのですが・・

何か、こちらに訴えるものが少なくて、

一体何を伝えたいのか分からなかったり

すごいマシンみたいな演奏が続くわりには あまり感動がなかった演奏が多かったように思います。

それは高学年から高校生まで、全体的に・・

折角素晴らしい技術と並々ならぬ熱意を持っているのだから、

是非次には聴いている人の心を動かす演奏をしてくださいね(^^♪応援してます!!

      

                     

うちの生徒はみんな

あれを聴いちゃったら

うーん高学年になったら、かなコン受けられないかなーー

と思っている人も多かったのでは。

でも

私は高学年の自由曲を選択するときに

この位の難度の曲を弾かなきゃ、 ではなく

それを今弾くことによって、

何がその子の成長のプラスになるか、 というところで選択をしていきたいと思っています(^^♪

 

 

   高学年・中学校・高校と最優秀賞はいつもの通り、全て男の子でした!!

   そんな素敵なお兄さんの隣に並ぶことが出来てよかったね(^^♪

                 ↓

 

いつもみんなに言いたいことは 熱心に聴いて下さるお客様と一緒に

音楽を共感できるような そんな素敵なピアニストになってくださいね。

 

さて、 6月10日のステップ、ピティナコンペ、地元の音楽祭オーディション、クラコン予選、クリスタルコンサート、学生音コン予選と 続く続く!!

楽しみながらみんなで頑張りましょう(^^♪

 

                         

 

 

 

 

 

|17:40| コンクール | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
| 1/18 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.