| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
本番で光る子はどんな練習をしているのか

 

 

日曜日にクレッセント勉強会が終わりました。

関係者の皆様、お疲れさまでした(^^♪

生徒の皆さん、よく頑張りましたねー。少しゆっくりと休んで下さいね。

 

 

 

 

昨年末12月10日に発表会を終えたばかりの勉強会。

なんと練習期間は3か月ありませんでした。

それも新曲ばかりの子もいました。

なので、みんな数曲弾くのですから本当に大変だったと思います。

いや、そんなに大変そうにしてない猛者もいたからすごいけど。

こういうことが割合と簡単に出来ちゃう子は

きっと 日頃から基礎練習を積み上げていて、

練習の内容も良く、

そして本番の回数が多いことによるメンタルトレーニングの成果

かと思います。

 

みーんな上手いんだけど 何かこの子は光るものがあって

なんか違うんだけど なんでかなあー と思ったことってありませんか?

それはなんででしょう。 なんで、その子が光るのか、ちょっと考えてみましょう。

 

その子たちを見比べると、

もちろん演奏の個性は全然違うけれど 明らかに似ている所があります。

 

〇普段から、よく調べる・・・ということをしています。

  作曲家について

  楽譜に書かれている速度記号や

    強弱記号や表情記号や細かなアーティキュレーションについて   

  

〇よくCDやYou tubeなどの音源を聴いています。     

  自分の弾いている曲の音源・・・ではなく      

  オーケストラだったり、

  関係のある他の曲だったり。     

 

〇大きなコンクール体験を数多くこなしています。       

  メンタル的にも強いし、舞台で自分の出した音を聴く余裕があります。

 

〇想像力が豊かで、自分の美学というものをすでに持っています。

 

 

最近、私がよく使う言葉に 化学反応 というのがありますが

 

こういう要素が日頃の練習の時からたくさんあればあるほど

舞台でそれらが色々な組み合わせて化学反応を起こすのだから

無限に数多く 大きな変化が現れる。

 

日頃からの要素が少なければ

化学反応が起きないか

数少ない組み合わせの反応しか起こらない。

 

これは想像に難くないと思います。

 

 

 

要するにどうすれば上手くなるの?ですか?

そうですねー

 本番に向けて構えて練習しなさい。

ではなく

日頃から楽しみながら積んだことが それはそれは自然に反応が起こせるように 

要するに毎日の過ごし方が大切だということでしょうか。

 

結果は自然についてくると 私は思っています。

さあ、みなさん、また

新たにスタートして頑張って下さいね❤

 

                        

 

最後に、写真をいっぱい楽しんで下さい(^^♪

 (演奏の写真を撮り損ねちゃった人がいますがごめんねー!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

                        

                         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|08:33| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
お雛祭りに”クレッセント勉強会”があります❤

 

まだまだ寒いですね。

そろそろ立春なんじゃあ?

と思い調べてみたら、なんともうとっくのとっくに過ぎていました💦

2月4日だったそうです。

(私だけかな、知らなかったの)

まだ、こんなに寒いのに!!

 

 

2月に入ってから、

大人のためのコンサート、大学の同窓会のコンサート、指導法研究会と立て続けにあり、

身体はガチガチ、

忍耐力もギリギリ

おまけに花粉症も発症!

かなり不眠状態だったし、

畑も行けないので気になってイライラ。

 

やっと解放される〜〜

 

なんて言っててはダメなのです。

 

クレッセントの勉強会が3月3日に秦野市文化会館小ホールであるので、

生徒は今必死。

 

私はのんびりぬくぬくと〜〜

なんて心では思っていても口に出してはいけませんよね(爆)

 

 

さてさて、今回のクレッセント勉強会。

いつもたくさんの曲を弾きますが、また今度は格別に曲数が多い!

大体、小さい子は平均で7分、大きい子は平均で12分位。

15分弾くという小2の猛者もいます!!

今回の勉強会テーマは「一度にたくさん曲をこなす」

 

ちょっとプログラムを挙げてみますね❤

 

★年長のS君

  あめ  コレネフスカヤ

  ソナチネト長調 第1・2楽章 ベートーヴェン

  海のゆりかご  三善晃

  骸骨達の陽気な行進  平吉毅州

 

 

★小2のRちゃん

  ソナチネ ハ長調 Op. 20-1 全楽章  クーラウ

 「ユーゲントアルバム」より  “サンタクロース” “はじめての悲しみ”   シューマン

 「海の日記帳」より  “やどかりの波のり” “沈んでいった鍵盤”   三善晃

  ポロネーズ 変イ長調 遺作   ショパン

 

 

★小4のY君

  6つの小プレリュード第3番 ニ短調   J.S.バッハ

 「星のどうぶつたち」より “おおぐま こぐま”   田中カレン

  ソナタ ハ長調K.545 全楽章  モーツァルト

  ワルツ第6番変ニ長調 Op.64-1 “子犬のワルツ”  ショパン

 

 

★中1のT君

  ソナタ第17番Op. 31-2ニ短調 “テンペスト”第1楽章 ベートーヴェン

  エチュードOp.25-12ハ短調「大洋」 ショパン

  ミクロコスモス」第6巻 153番 “ブルガリアンリズムによる舞曲No.6”  バルトーク

 

 

こんなに弾くのではレッスンも大変では? と思われるかもしれませんが、

ここ数年、ソルフェージュはもちろん、楽曲研究や、分析のトレーニングにたくさん取り組んでいるせいか

みんながぐっと、譜読みも仕上げも早くなってきました。

 

要するに、

家の練習の時に、私が教えていた基本的なことは自分でやってくるようになり

レッスンでは、基本的なことが出来ている上でのレッスンになるので

進み具合がとても早いのです。

 

そういう子の楽譜を覗くと、よく書き込みをしています。

転調したところは何調が書き、スラーを書き、ゼクェンツやエコーとか。 和音記号を書いている子もいます。

 

そうなんです!

そういうことを 自分で出来るということも大事だし、

ピアノの練習はそういうものだと習慣づけるのも大事。

習慣にしてしまえば

それが本人にとっては、特別なことではなく、

当たり前になるので

なんの違和感も、なんの無理感もなくなるんですね。

 

皆さんも音の高さとか音符の長さは一生懸命気を付けるでしょう?

それであれば 気を付ける範囲をいろいろ拡げてあげればいいんですよね。

 

指導者は 基礎を築くためのお手伝いをして

その基礎が出来た後の、

可能性を広げてあげる指導をすれば・・・

 

ベストですね🎶

 

 

 

 そうそう、 勉強会は3/3(土)の13時半〜19時位までです。

 秦野市文化会館小ホールです。

 年長から大学生・大学卒業したばかりの方たちまで29人ががっつり弾きます。

 プログラムは2月末位までには頑張ってHPに載るようにしたいなあ!と思いますのでご覧ください

 

入退場自由で無料、ノーチェックですから ご興味のある方は、どうぞ気兼ねなく覗いてみて下さいね❤

但し、音楽好き、聴いて勉強したい、の方に限り・・・ですので よろしくお願いします(^^♪

 

                        

 

 

 

 

 

|10:30| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
明けましておめでとうございます!!

明けましておめでとうございます。今年も皆さんよろしくお願いいたします!!

 

 

 

昨年もいつもと同じように、とても忙しい一年でした。

 

今年はどうかな。

発表会こそありませんが、 勉強会、かなコン、ステップ、グレード、コンペ、クラコン・・・・

やっぱり忙しい一年になりそう(汗)

いつまでこれが続くのでしょうか。。。と思うこともしばしばですが

今年も呆れず、諦めず、どうぞよろしくお願いします♪

 

応援よろしくお願いいたします☆彡

 

大晦日は私は紅白を見ない人なので

3年前位まではジャニーズのジルベスターコンサートを見ていましたが^^

チャンネルを変えている時に

何かのきっかけで東急のクラシックジルベスターコンサート

  (渋谷オーチャードホールで毎年やっている)を見つけ、 大ファンになり、

それからはそれでカウントダウンをしてます。

これ、すごくスリリングで面白いのでおススメですヨ。

オーケストラの曲が最後にバーンと終わった時に花火が上がって年越しするのです♪  

今年は「展覧会の絵」のバーバヤガとキエフの大門でした。

バーバヤガの

 

ダーダン! ダダダン!  ダダダヤダヤ!

 

と始まるのはそれはそれはかっこよかったです^^

 

 

 

 

それはともかく、いよいよ発表会の時の写真とYou tubeをお披露目します。

 

まずは、ちょっとしたリハーサルの時のスナップと   

 (こういうのてって結構臨場感ありますよね(^^♪

アンサンブルの写真と映像をお楽しみください。

  
矢印アンサンブルのYou tubeはこちらから

 

 

 

数年前まで見ていたジャニーズのジルベスターコンサート、 こんなところでちょっと役に立っているかも

衣装とか照明とか? 

もっと照明は色も付けて派手にやると効果的だったんですが

今回は予算の関係で断念!残念!

 

そうそう、アンサンブルでは お母様方に照明もお願いしていたのですが

私が「ジャニーズみたいに!」と注文をつけたら

次の週、早速「先生!ジャニーズ見て研究しました!!!」と元気な声が。

「足元からの照明が効果的なんです!」

うーん、足元からの照明も無理だったなあ。

でも、出来る範囲で、とっても素敵な照明をつけて頂きました。

ありがとうございました。楽しかったです☆彡

私ももっと研究しますね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回の号では、ソロと連弾、トリオをご紹介します。

 

                          

 

|08:18| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
専門のスキルを身につけるということ❤

 

ドクターXが終わりましたね!

私は気らずーーーっと見ていました。

この手のものは必ず主人公が最後に成功するので、 ドキドキするところもありますが、

どこか安心してみることができるので 仕事が終わってみるにはリラックスしてすごくいい気分転換になります(^^♪

 

その非常にプロフェッショナルな外科医の主人公が 最後の手術のシーンでこういうセリフを言います。

 

これは、彼女の揺らぐことのないポリシーであり、彼女が成功してきた秘訣でもあります。

失敗しない手術が出来るようになるためには

 

「最初のトレーニングで決まる。  

どれほどの熱意をもって手術を学ぶか  

どれほど上手い手術を見るか  

そして最も大事なことは決して諦めないこと」

 

これはすごいなと思います。

 

専門分野で自分を磨き成功するためには、音楽も同じ。

 

徹底的に基本を習得し 熱意を持って学び

たくさんの素晴らしい演奏を聴き

そして決めたことは迷わず、諦めない。

 

どの項目も一つも欠けてはいけないということです。 これは容易なことではありませんね。

私も耳の痛いことだらけですが、

もし、読者にそういう意志を持っている方がいらっしゃったら 是非実践してみて下さいね。

 

山あり谷ありしながらも、きっと貴方なりの成功が未来に待っているでしょう(^^♪

 

 

 

さて、昨日からクラコン全国大会が始まりました。

まだまだ暮れまでクラコン続きますが 皆さん頑張って下さい。

 

小学校低学年男子の部で

小1のゆうま君が第4位を

小2のたいが君が第5位入賞を果たしました!!

 

クラコンは満点が90点で上下カットの平均点で順位が決まる、という面白い採点システムを導入しています。

 

 

第1位が満点、

第2位が平均89点以上、

第3位が平均88点以上、

第4位が平均87点以上、

第5位が平均86点以上

  (小数点は繰り下げ)

 

で ここまでが入賞となります。

 

 

 

なので第1位はほとんど幻の賞です。

第2位が出たらとんでもなくすごい演奏♪ということになります。

 

今回も幼児の部で第2位が出ましたが

(本当に猛烈な演奏ですごかった!)

 

第2位とは、どの程度のレベルの演奏でしょうか?

 

 

聴いた人が唖然として口があんぐりとなってしまう、愕然とするレベルの演奏で

いわゆる「すごく上手い演奏」では到底取ることは出来ません。

 

その位価値の高い賞といえるでしょう。

         

                     

 

低学年男子の部の入賞は全員で3人だったので、

その中でクレッセントが2人入賞出来たのは快挙だったのかな?

 

 

中学生男子の部のT君は

中1で全国まで残った人がたった3人だったことを考えるとすごーく立派だし

ピアノを再開してから9か月しかたってないことを考えるとすごーい進歩だし

 

残念ながら入賞にはあとちょっとだったんだけれど

なんと89点を付けて下さった先生がいらして、

彼の強烈な個性、魅力を素晴らしいと思って頂けて本当によかったです^^

ちょっと日本人離れしているところ、あるんですよね。

これからですね。がんがん頑張って下さい(^^♪ 

 

 

クラコン全国まだまだ続きますが 皆さんも是非新たな目標に向かって頑張って下さいね❤

 

                      

 

 


 

 

                         

 

 

 

 

 

|09:14| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
第14回クレッセントコンサート 無事終了しました🌷

 

一昨日、第14回クレッセントコンサートは無事終了しました!!

リハーサルの時は大丈夫かなあーと、かなりハラハラしていましたが、

生徒の皆さん、集中力がすごくて

本番で一段といい演奏をした人が多かったと思います(^^♪

 

本番で力が出し切れなかった人は

舞台で化学反応を起きなかった、というのは化学反応を起こす物質が出ていなかった、ということは

練習がちょっと足りなかったもしくは、練習の時から引き出しがちょっと少ない、

といったところが原因かもしれませんね^^

 

出し切れた人は、この成功体験を生かして次につなげて欲しいし

残念だった!という人は、その反省を踏まえて、次には確実にステップアップできるよう頑張ってみてね。

 

                           

 

当日、一度はお客様が入りきらない状態位になり、

補助席を出したり、生徒を外に出したりしました。

プログラムはお客様用に100部用意していましたが

1時間位で無くなり大騒ぎ。

スタッフの手持ちを出し合ったり、プログラムをコピーしたものを出したり

本当に大変&嬉しい、びっくりの悲鳴でした。

プログラムをお渡し出来なかったお客様は本当にご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした!!

 

 

 

お客様の評判は上々のようです。

私のところに寄せられたメールを一部ご紹介しますね。

 

「横浜の先生から」

昨日はありがとうございました。 とっても楽しませて頂きました。 選曲も素敵でした!

きっと皆さんお上手なんだろうなとは思っていましたが、予想以上で。

特に中学生の皆さんはレベル高いですね😍 室内楽も慣れてらっしゃる感じがしました。

小さい方が上手なお教室はあっても、その後に繋げてらっしゃる方は少ないですよね。

スタッフの方が多くて羨ましいと思っていましたが、お母様方なのですね!

私はいつも発表会当日は進行に気を取られ、生徒の演奏はほとんど聞けていません。

演出も盛りだくさんで、とっても楽しかったです。  

 

        *ありがとうございます。私は客席で呑気に楽しく生徒の演奏を聴かせて頂きました!

         お母様お父様の裏方パワーがすごかったです。本当に助けられています!!

 

 

「開成町の先生から」

お世話になっております。

連弾感激致しました。衣装もお揃いで、息はピッタリ、発表会というかコンサートを見ているようで楽しくて!!

息子がお昼寝から起きて、ちょうどアンサンブル、息子は釘付けで微動打せずに聴き入っていました。

(YouTubeに載せて頂けたら息子が喜びます^_^) 感動して涙が出てしまいました。     

 

       *はい! アンサンブル、後々アップ予定です^^

        アップしたらお知らせしますね!12月後半に出来ると思います(^^♪

 

 

「厚木の先生から」

先日は素晴らしい発表会をありがとうございました。

石井先生の生徒さんは皆ひとりひとりのレベルが高く、しかも皆さんが平均して高いレベルであることに感動します。

学年問わず、それぞれの生徒の持っている能力を最大限に引き上げる先生の指導力の高さは分かっているはずなのに、

毎回予想を遥かに超えたものを見させて頂くので腰をぬかしてしまいます‼︎  

演奏レベルが凄い事に感動しているのはいつもの事ですが、

その他、スタッフの方々の動きに無駄がないことに驚きました。

石井先生の綿密な計画と入念な打ち合わせ、完璧な準備があって成せることですね。本当に素晴らしいです。

細かいところひとつひとつに感動と発見があり大変勉強になりました。

それから、最後の石井先生の挨拶も心打たれました 。

「昨日考えた原稿は読まない。今日の演奏をきいてからではないと真の感想は言えない…」

「…本番でおこる化学反応」 まさにその通りです‼︎

 

       *熱いメッセージをありがとうございます!

        スタッフのお父様お母様は皆さんで話し合って動線を考えて下さいました!

        なので私はほとんどノータッチです!! 本当に裏方のプロでした!!素晴らしいです。

 

 

「平塚の先生から」

先生、発表会お疲れ様でした。クリスマスの訪れを感じるとても素敵なコンサートでした。

生徒さんは皆さん難曲ですのに、想いをこめた表現でさすがでした。

ピアノのいろんな音色が聴けて、印象に残りました。

構成も演出もアイディアいっぱいで、微笑ましかったり、可愛らしかったり、 美しい光の一瞬を楽しめたり、

先生の構想、企画、支えた保護者スタッフの力の結晶で、本当に素晴らしいコンサートでした。

多彩なプログラムでもあり、お一人でご指導された先生のお力やら、パワーやら、ご苦労やらを思い、

すごいなあ!と感嘆!です。

楽しいひとときを、有難うございました。

 

       *皆様、本当に心のこもったメッセージをありがとうございました!!!

        また精進していきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします!!

 

 

「12月に入会されたばかりの方から」

昨日の発表会は、とても楽しかったです! 皆さん素敵な演奏で、さすがだな〜と思いました。

そして、間近でバイオリンとチェロの響きを感じられて、良い経験ができました

娘は、側転が一番良かったと言ってました。

 

       *ちえちゃん、側転褒められましたよ!良かったですね〜^^

 

 

当日は、業者さんに頼んで 録画や撮影をお願いしました。

また後日、それをアップいたします。

今日は当日、合間合間に撮った写真をお楽しみください❤

 

                    

 

 

ヴァイオリンの野村先生、チェロの北嶋先生と、先生方のお話を熱心に聞く生徒の様子

先生方からは演奏だけでなく、礼儀正しさも褒めて頂きました^^

                 ↓

 

 

 

終了後のロビーでの写真(^^♪

 

年長と、小1のクラス 左から しゅうと君・ゆうま君・あおいちゃん・しょういち君

 

 

小2と小3のみんな  左から はなのちゃん・りんちゃん・くるみちゃん・ゆずちゃちゃん・たいが君

 

 

小4と小5のみんな 左から たいせい君・よしまさ君・ゆらちゃん・ちえちゃん・よう君

 

 

小6と中1のみんな  左から  

はなみちゃん・いおりちゃん・りんかちゃん・りおちゃん・さおりちゃん・じゅりちゃん・たかふみ君

 

 

 

中2と中3のみんな  左から  そうぞう君・かなちゃん・ゆうちゃん・さやかちゃん・はるかちゃん・かいと君

 

 

高3のわかなちゃんと大1のゆみちゃん^^ 

 

みなさま、よく頑張りました。素晴らしかったです☆彡

 

                       

 

 

 

 

   

|07:02| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
発表会直前 ラストスパートはどこまで出来る?

 

先週は水曜日にホールでのリハーサルをやり

日曜日はピアノ三重奏曲の最終合わせをやり

一昨日はアンサンブルとソロの最終リハーサルをやりました。

 

もういっぱいやったなあ。 。。

もちろんやり残したことはたくさんあるけれど これ以上は無理という位に 頑張ったかなあ。。。

 

それもこれも、 生徒のみんなの猛烈な?がんばりと お母様やお父様の絶大な協力体制があってのこと。

この歳になって、 ただでさえミスの多い私がますます穴を開けるようになり(!?)

でも いつも私のミスをフォローしてさりげなくカバーしてくれるお母様たちには ただひたすら感謝です♥

 

 

 

今日はいろいろな練習風景を 写真で綴ります。 みんなの真剣な眼差しと、楽しい笑顔に乾杯!!

 

 

              

 

 

 

 

 

 

  さて、12月10日(日) 東海大学駅前のタウンホールで13:00〜18:30まで

  第14回クレッセントコンサートです。

 

聴きものはいっぱいあります♪

 

☘みんなのソロもそれぞれ凄いし

 

♠連弾は私から見ても、上手いなあ、

 

❤アンサンブルは、やっとぎりぎり間に合いそう!!

みんなでにぎにぎ楽しく。

たくさん練習したので聴きごたえ見ごたえ面白さ満点!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♦ピアノ三重奏曲は ヴァイオリンの野村英利さんとチェロの北嶋愛季さんが凄腕で

その上に乗って小学生が弾く

ロシェロールのクリスマスソング全曲(10曲近く)はとてもロマンチックでかわいいし

トリオの王者らしい風格のメンデルスゾーンのトリオは、

本当にがっつりと聞きごたえあります。

野村先生と北嶋先生に、中学生でこれがここまで弾けるなんて、今まで聴いたことがない という位絶賛して頂けました(^^♪

 

 

 


 

 

どうぞどうぞ皆様 聴きにいらして一日ゆっくりとお楽しみくださいね!

入場無料で入退場自由です。

(でも演奏と演奏の合間に移動お願いしますね!)

 

先日のトリオ最終合わせの時の演奏You tubeをアップしました。どうぞお聴きください♫    

三友優 メンデルスゾーンピアノ三重奏曲第1番ニ短調op.49 第3楽章

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|11:25| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
| 1/18 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.