| CALENDAR | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

クレッセントブログ CRESCENT☆


神奈川県秦野市のクレッセント音楽教室を主宰している石井晶子のブログです。教室の話題や私のことを掲載していきたいと思いますのでどうぞご覧ください☆
一つ一つの音に命を吹き込むということ

念願の浜松国際コンクールが始まり

昨日はもう第1次予選が終了し、結果発表がありましたね!

     →浜松国際コンクールのHPはこちら

 

95名の参加者のうち通過したのは24名。うち日本人は9名でした。

 

 

この浜松国際、大変人気の高かった著書「蜜蜂と遠雷」のモデルになったコンクールということがあり

今回、すごい人気で注目度がヒートアップしていますね。

 

私の知人の先生が、前回はふらっと出かけて、当日券で入場したから

今回もと思って、浜松に出かけたら、

見事に満席で、入場できなかったとお話を伺いました(;’∀’)

なんと、第1次予選初日から満席で、最終日まで全て完売だそうです。

 

 

私は、今回この忙しさの中💦

 

なんと!大胆に第3次予選から本選まで、5泊6日で浜松に出かけてきます(^^♪

半年前からホテルの予約を取り、3か月前にチケットを購入(すでにこの時にもういい席はなかった!)

なので、何が何でも行って勉強をしてまいります(^^♪

 

わーん、私は聴けない、とがっかりする必要はありません。

ライブでも、あとからでも演奏は聴けます。

(浜松国際のHPから入れます♬)

 

 

昨日、牛田君のことが気になって、演奏録画を聴きました。

リストの超絶技巧と、プロコフィエフのソナタ第7番。

もう、素晴らしい演奏で、ダントツ。

彼はまだ19才なんですよね。

本当に驚くばかりです。

(弾いている姿は10才年上に見える。終わってお辞儀をするときは牛田君スマイルに戻るけど♪)

 

 

何がすごいかといえば、

一つ一つの音に生命が宿っていること。

ゆっくりのテンポにして、決してスピードに頼ることなく

一つ一つの音を育んでいく姿は、

すごく壮絶な感じでした。

 

実は、私はこういう演奏が大好きです。

 

 

私は分析するのが好きなので、

昨夜から寝ながらずっと他の人との演奏の違いを分析。

(こういうことやっているから、いつも眠れないし、眠りが浅い、困ったものだ)

 

 

彼の演奏は

ズームアップしてもズームアウトしても美しい。

画素数がすごく高いのです。

スームアップすると、一つ一つの音が考え抜かれていて、

全てに役割がきちんと与えられているのがよく分かります。

 

こういう演奏は下手するとズームアウトした時に

細部にこだわり過ぎたために、レイアウトが滅茶苦茶で、

全体像のフォルム(型)がいびつで美しくないことが多いものですが

彼はその配置も素晴らしく整っていて・・

 

要するに、ミニマムに聴いても、マキシマムに聴いても

どの位置から聴いても美しく設計されていて

本当に完璧な建造物のようでした。

 

 

往々にしてある演奏は

マキシマムにはなんとなくフォルムが整っているのですが

画素数が少ないため

ズームアップすると、一つ一つの音がぼんやりとして、

何を言いたいのか、何を表現したいのかがはっきりしないのです。

これは目の前の形ばかり追っていて、音そのものには気を配っていないために起こります。

(でも本人たちはたぶん気を配っているつもりと思われます)

 

 

この二つのスタイルの演奏の相違は

ちょっとの違い、、、ではありません。

相当なレベルの違いと考えていいと思います。

 

 

もちろん、牛田君だけが出来ていて他の方が出来ていないということでは全くなく

(全部聴いてないし)

浜松国際の内容の話でもなくて

牛田君の演奏を聴いて触発され、色々考えるきっかけになった、私の個人的な意見と捉えてください(^^♪

いつも私がレッスンをしていて感じていること

普段よく聴くコンサートで常々感じている

「一般論」だと思って下さいね(^^♪

 

 

私は、少しでもこういうことが出来る生徒を育てたいなあ。

私が演奏するときも、それに一番こだわっているので・・

 

指が動いているだけの演奏家

音そのものを吟味しようとしない演奏家

にはならないように気をつけましょうねーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|12:05| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
クレッセントの秋のがんばり(^^♪

 

前回のブログで

地味な努力が実を結ぶ的な話をしましたが

クレッセントも、毎日のレッスンとコンクールと本番と地味な勉強や練習を続けて

最近ではみんなが一段とレベルアップしてきたような(^^♪

 

でも、ここまで来るのも長かったなあ

 

レッスンの時も、本番でも

内心、驚くほどいい演奏、発想豊かな演奏を聴けることが結構多くあります(^^♪

 

夏のがんばりも見事でしたが

この秋のクレッセントも

みんな頑張っています(^^♪

You tube にも何本かアップしていますので、是非お聴きください。

 

 

 

 

■まずクラコン(日本クラシック音楽コンクール)の本選が終わりました。

通過者は7人。

 

小学校低学年男子の部  佐部利有真(小2)  ベートーヴェン:ロンド

小学校中学年女子の部  小松立佳(小4)   ハチャトリアン:ソナチネ

小学校中学年男子の部  荒井大河(小3)   カバレフスキー:ソナチネ

            渡邉樹(小3)    チャイコフスキー:ババヤガほか

中学校女子の部     重田理央(中1)   ショパン:スケルツォ第1番

            多田衣織(中2)   ベートーヴェン:ソナタ第16番

中学校男子の部     上野貴史(中2)   シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化

 

 

全国大会は12月下旬です。みんな頑張ってね!

 

■ブルクミュラーコンクール 予選会場第1位で通過しました   

橋本有楽(小4)

 

本選も頑張ってね!

 

 

 

 

■秦野青少年音楽祭で立派な演奏をしました!

7月のオーディションに通過して演奏してきました。

 

渡邉ひより(小1) 平吉毅州:チューリップのラインダンス

古川諒(小2)  平吉毅州:スタレガ・ラプソディー

荒井大河(小3) カバレフスキー:ソナチネ

渡邉樹(小3)  チャイコフスキー:ワルツほか

深澤由瑞(小4) ドビュッシー:アラベスク第1番

 

 

 

 

 

■それから、夏に行われた、かながわ音楽コンクールの入賞者記念コンサート

「クリスタルコンサート」で弾いた

肥田華乃ちゃん(小3)の

ドビュッシー:グラドゥス・アド・パルナッスム博士

が見事!

 

    *****************************


矢印クレッセントのYou tube 登録すると、新しい動画が配信されると連絡が行くようです。

   現在、登録して下さっている方は906人です💛

   是非ご登録ください!

   →こちらから

 

矢印紫クレッセントのメンバーも大活躍する、1月6日のピアノ協奏曲フェスティバル

   チケットも受付中!

   クラウドファインディングも受付中!

     (現在支援総額を60%超えて43万円まで行きました!)

      記事も動画も面白いので是非→こちらからご覧ください(^^♪

      よろしければご支援も是非!

 

 

 

 

 

 

|09:30| クレッセントのイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
じみーな努力の上に出来るのは?

 

あっという間に11月に突入し、もう新年まで2か月を軽く切りましたね!

本当にびっくりです。

 

うちの菜園もすっかり様変わりしました。

 

夏はたくさんのトマトやナスやキュウリの果菜類に恵まれ

この恩恵はまだまだ続くような気がしていたら、

台風が大暴れしてあっという間に終わりを告げ

 (ナスは特に可愛がっていたので、これはショックでしばらく落ち込みました💦)

夏の暑い時にひーひー言いながら草刈りに苦しんで、

そして蒔いた種が少しずつ発芽し

果菜類を抜いて畝を整えて

今は穏やかな畑に、たくさんの葉菜類が生え、

伸び伸びと、とても穏やかな

(何回も使うけど、ホント穏やかな)環境のもと

今は、秋の収穫の恩恵にあずかっています。

 

 

何の野菜を作ってるの?とよく聞かれますが

まあ、大体八百屋さんに売っているものの60%くらいの種類かな。

 

今収穫できるものは ニンジン、コマツナ、シュンギク、シロナ、ルッコラ、パクチー、ツルムラサキ、そして大量のネギ

 

もう少しで収穫始まるのが、ジャガイモ、ブロッコリー、ダイコン、サラダ菜ミックス、レタス、ホウレンソウはまだベビーちゃん。

 

今生育中が、ニンニク、スナップエンドウ、グリンピース、ソラマメ、ナノハナ、

 

キャベツとハクサイは無農薬だとどうしても虫害があって、初心者の私にはまだ難しい。

 

菜園3年目に突入し、

本当に地味に地味に土づくりをして、本を読んで勉強して(?!)、肉体労働して、

野菜に「調子はどう?」と尋ねて様子を見て、

(人間と同じで、様子で体調の好不調はわかる。健康・・とか、ストレス過多・・とか)

 

それこそ五感を全部働かせての作業は

膨大な時間と労力のいる水面下の仕事。

収穫だけを見て、簡単に出来ていいなあと思うのは大間違いなんですね。

 

 

でも結局、

これって全てのことに共通なことではないかなと思うこの頃です。

 

地味な努力、それも想像するよりはるかに膨大な時間と労力を費やす努力、

それの上にしか、本当の意味での成功は成り立たないのではないかと思います。

 

楽をして出来てしまったもの、

には必ず嘘がある。

 

 

苦しんだからといって、それが成功のもとになる保証は何もないから

そんな不透明な中で大変な思いをするのは不安でますます苦しい。

 

でも不透明で約束されていないからこそ出来る、

見えないからこそ努力が出来る・・・っていうことは実際あるんです。

 

 

それで結局、話のオチは何なのよ?

 

はい、先が見えなくて不安でしたが

それこそ、これ以上無理!という位がんばって

 

やっと、来年1月6日のピアノ協奏曲フェスティバルのクラウドファンディングがスタートしました。

12月20日までの45日間で、どの位支援が集まるのでしょうか?

まあ、先を考えても、成るようにしかならないので、

これはこれ。

また、いろいろ頑張ります。他のことにもね☆彡

 

→こちらからご覧になれます。

 

記事、動画、メッセージ、リターン、新着情報等、

読み物としても面白いので

支援とか関係なく

是非お時間あるときにゆっくり覗いてみて下さい。

 

そして、石井はまた無茶なことをやってるなあと

呆れて頂いてOKです(笑)

 

 

|08:22| 石井晶子関係のイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
やっとここまで来ました!ピアノ協奏曲フェスティバルを開催♬

 

ついにお知らせをする時が来ました(笑)

ここ半年ほど、もうこればっかり・・・という位大変だったイベントです。

 

昨年の発表会でもう疲れた〜〜〜と思い、発表会は2年に一度だから、今年はゆっくりできるぞーと思いきや

生徒のコンクールでも、このイベントでも、そして畑も

忙しい忙しい。

いい加減歳なので、もう少し気を付けたら?と言われつつ・・

ああ、やっとここまで漕ぎつけたかああ〜〜〜

 

 


 

 

PTNA秦野Green Leafステーション(代表は私)主催の新春企画(^^♪

関係者総勢80名位に及ぶイベントです。

 

第2回ピアノ協奏曲フェスティバル

1月6日(日)に神奈川県二宮のラディアンホールにて。お正月休みにちょっと飽きてきたころですよね〜

とってもいいタイミングのコンサートだと思います(^^♪

 

     13:00開場  13:30開演  16:15終演

 

指揮は野村英利先生、オケはアンサンブルミラコ他 30人編成!

第1回目は20人だったので、これはゴージャス

 

第1部 神奈川県で活躍している小中学生10人で小品名曲集(野村先生オケ編曲)

    

    山本紗弓(ピティナコンペ本選優秀賞) ベッツォルト メヌエットト長調 ト短調
    石川 柊(ピティナコンペ本選優秀賞) エルメンライヒ 紡ぎ歌
    佐藤さくら(日本クラシック音楽コンクール全国大会入選) シューマン 初めての悲しみ
    秋山英璃(かながわ音楽コンクール特選) チャイコフスキー 新しいお人形 ひばりの歌
    肥田華乃(かながわ音楽コンクール 神奈川新聞社賞) シューベルト スケルツォ
    鈴木凜(かながわ音楽コンクール 中田喜直賞) グリーグ 春に寄す
    山本 大誠 / 橋口葉(ピィテナコンペ連弾決勝大会ベスト賞)連弾 ハチャトリアン 剣の舞
    千葉レイ (かながわ音楽コンクール特選) シベリウス 樅ノ木
    佐藤政望 (日本クラシック音楽コンクール全国3位) モーツァルト トルコ行進曲
    上野貴史 (かながわ音楽コンクール準大賞) バルトーク アレグロ・バルバロ

    指導者:緑川眞由美/漆間有紀/澤井尚子/笠原真理子/笹山順子/石井晶子/尾城利里子

 

第2部 神奈川県で活躍している小中高生6人のモーツアルトとメンデルスゾーン

 

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23
    第1楽章 小倉 悠 (ピティナコンペE級決勝大会ベスト賞)
    第2楽章 西村真生子 (全日本学生音楽コンクール東京大会出場)
    第3楽章 長澤杏美 (ピティナコンペD級決勝大会ベスト賞)

 

メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1
    第1楽章 多田早織 (ピティナコンペD級本選奨励賞)
    第2楽章 丸岡花珠 (日本クラシック音楽コンクール全国第5位)
    第3楽章 神宮司 悠翔 (かながわ音楽コンクール最優秀賞)

    指導者:澤井尚子/出口比呂子/金子彩子/石井晶子/日比谷友妃子

 

野村先生との対談ー 聞き手は石井晶子。

 

 

3部 藝大生二人による本格的なピアノ協奏曲


   リスト:ピアノ協奏曲第1番  尾城杏奈     
        東京藝術大学音楽学部3年。全日本学生音楽コンクールにて、第63回小学校の部東京大会第1位、

        第65回中学校の部全国大会第1位。ピティナピアノコンペティションセミファイナリスト。

        野島稔・よこすかピアノコンクール第3位。


   プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第1番 吉田サハラ
        東京藝術大学音楽学部3年。全日本学生音楽コンクールにて、

        第63回小学生の部で全国大会第1位及び横浜市民賞、

        第64回中学生の部で全国大会第2位、

        第68回高校生の部で全国大会第2位及び横浜市民賞を受賞。

 

 

チケットは購入は ラディアン・秦野市文化会館・大村楽器(秦野・小田原・平塚)

メールでしたら gl.pianoconcert@gmail.com これは事務局のアドレス。 もしくは関係者から直接。もしくはFBメッセンジャーまで。

 

 

 

それで、

クラウドファンディング初挑戦!!

 

クラウドファンディングは昨年くらいから大注目の、「参加型支援」

これまでの、いわゆる「寄付」 とは違い

自分もイベントに参加している気分になる、積極的で、とても新しい支援のスタイルです。

                   

 

何が良いかといえば、リターン(プレゼント)が面白いのです。

それぞれのイベントで、もちろんプレゼントの内容は変わるのですが

今回私たちが提案したプレゼントは

 

    ・特別チケット(ピアノとオーケストラがよく見える絶好の特別席にご案内)

    ・当日と関連イベント(指揮者体験・コンチェルト体験)の写真集

    ・当日の記録用CD集

    ・指揮者・第3部出演者との握手会・写真撮影会、サイン入り色紙

 

など、すごく楽しいものばかり。

最大手のレディフォーで11月5日からスタート!!https://readyfor.jp/projects/18778  

面白い記事や動画、写真が満載のHPなので、ご支援に関係のない方も是非覗いてみてくださいね(^^

 

皆様のご支援をよろしくお願いいたします☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|08:59| 石井晶子関係のイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
憧れのベヒシュタイン💛

 

 

 

 

次々にご報告がありますが、

何と言っても今話題沸騰中(自分だけ!)なのがうちのピアノの話です。

 

 

指揮体験や日帰り京都やイベント事務仕事など、抱え込んでいることが膨大な中、

以前購入予定にしていたピアノの搬入が突然、その真っただ中に決まり

慌てて物置のようだったピアノ室を大掃除!

本当に怒涛のような日々でした💦

 

 

それの搬入が大変だったんです。

 

 

レッスン室は道路に面した2階なので、

窓のサッシを取り外し

クレーンで吊って入れますが

うちの周りは

電線が張り巡らされていて

大きな木が2本わさわさしていて、・・・

 

その間を潜り抜けるようにして

大きながたいのピアノを吊って移動させる様は 見ごたえ十分!!

プロのクレーンテクニックを存分に?味わいました。

 

その見事なテクニック、 写真で追っかけてみてみて下さい(^^♪

ちょっとパラパラ漫画みたいに☆彡

 

           

 

私の愛車だったヤマハC6。

20年もお世話になりました!ありがとう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にプロっていうのはどこの世界でもすごいなあ!!

感心一しきり。

 

が、実は

前のC6を出す時に(別の業者さん)

2階の花台に、なんとうっかり重さ350圓鮠茲辰韻討靴泙辰

ベキベキッ

すごい音がして 壊してしまい、

来週 修理、というレベルでなく、工事をすることになりましたが・・・

 

まあ、プロといっても プロ中のプロ 

なんちゃってプロ

というのがあるんですね、どこの世界でも(;^_^A

 

               

 

 

そしてべヒ★

 

べヒの感想?

もう素晴らしいですよ!

またこちらの方はゆっくりと後日(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

|07:28| 石井晶子の独り言 | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
楽しかった指揮者体験ワークショップ(^^♪

 

ブログ、だいぶご無沙汰してしまいました!

本当に次から次に忙しく

身辺が慌ただしく

ああ、書きたいなあと思いつつここまで来てしまった感じです(;’∀’)

 

さて何から書こうかな。

 

 

先日、10月14日に指揮者体験ワークショップがありました。

PTNA秦野Green Leafステーションでは、来年1月6日に「第2回ピアノ協奏曲フェスティバル」を行うことは

前のブログでお知らせしていますが

それの第1弾!

第1部から第4部まで全ての部が満席で、

本当に熱のこもった楽しいセミナーになりました。

 

                        

 

指揮は野村英利先生、

それにオーケストラのアンサンブルミラコのメンバーの先生方5人の前に立って指揮を体験したのです(^^♪

野村先生は国際ブザンソン指揮者コンクールでセミファイナリストになったすごい実力の方ですが

偉ぶったところは全くなく、

優しく、明るく、楽しく、そして何より、音楽が大好き、人に伝えるのが大好き、 という感じの方で、

緊張していた子供たちもすぐに打ち解けて楽しそうに振っていました。

奏者の方々は、本当に腕が立つ方ばかり。

この方たちの指揮でコンチェルトを演奏する子供たちは どんなに幸せなんでしょう!!

 

 

 

 

 

ワークショップの内容はこういう感じでした。

〇まず、一つの音を出してみる

〇オーケストラの音を、手で持ち上げる感じでクレッシェンドをかける。そして下げてdim.をかけるポーズ。

〇パッと切る。そっと切るポーズ

〇歩くことによって体からリズム感・拍感を伝える

〇手をたたくことによってリズム感・拍感を伝える

〇全てのことは、こうすればこうなる、ということではなく、自分が感じている音楽を伝えようとする意志が大事

〇次に起こることをよく理解していて、それをきちんと心で準備した上で、音楽を伝えていく。

 

それを実際の音楽に乗せて表現してみました。

これは、ピアノを演奏する上でも、全く同じ。

この上なく大事なことですよね!

 

本当に、指揮者(受講者)によって全く違う音楽になるんですよ! 

(奏者の方がすごいんだけど)

 

テンポが滞る人、

前進する人、

熱い演奏、

冷めた演奏、

音がよく動く人、

端正なつくりの人、

柔らかい音楽の人、

バリっとかっこいい音楽の人

 

たぶん、これ、ピアノを弾いてもそのまま出るでしょうね(^^♪

 

 

チェロの北嶋愛季先生がFBに感想を書いて下さっていて 

「奏者の立場から見た指揮者」「 奏者(オーケストラ)から逆に見た指揮者」というのはこんな感じ、

ということが すごく明確に書かれていて、

とてもお勉強になるので是非お読みください。

 

 ********************************

 

以下、北嶋先生のコメントです。

「指揮者体験ワークショップ」 昨日はとても面白い企画に参加させていただきました。

殆どが指揮未経験の幼稚園から大人の方を対象に

、課題曲を私たちピアノクインテットをオケに見立て指揮。

まずは一音だけ出してみよう、足踏みで指揮してみよう、音の大小を変えてみようから始まり

実際課題曲を指揮してもらうのですが、

もうその序盤の時点でそれぞれ、全く違う音が出てとても面白い!

私たちも短時間に、これだけ沢山の「指揮者」をとっかえひっかえ経験する機会もなので(笑)

違いがすぐに分かって、

大人だから、子供だからいいとか悪いとかなく、

本当にひとそれぞれのカラーが出ていて、

さらにそれが意図したものでないのがとても、いいなぁ〜と思いました。

前に立たれると、その人の意思や思いもすべて、ばれてしまうんだなと改めて実感。

手に取るようにわかってしまう!

ちょっとでもひるまれると、こっちも不安になるので引っ込んじゃうし笑

逆に、「こうしたい!」という意思は、高い技術を伴わなくとも伝わる。

指揮者とは、奏者と違って改めて誰も助けてくれない大変な仕事なんだなと、改めて感じました。

 

北嶋先生、ありがとうございました!!

 

 

それでは、あとは写真でお楽しみください。

たくさんの参加者の方がいらっしゃいましたが、

クレッセントのみ掲載します(☆彡)

 

 

■第1部  幼稚園〜小2

       ハイドン:交響曲「驚愕」 通称びっくりシンフォニー       

       グリーグ:ペールギュントより「朝のうた」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第2部  小3〜小4

       モーツァルト交響曲第40番

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第3部  小4〜高校生

       ベートーヴェン交響曲第5番「運命」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■第4部  指導者

       ブラームス:ピアノ五重奏曲 ハ短調       

       ヨハン・シュトラウス:こうもり序曲

 

 

 

本当に楽しい楽しい時間でした!

特に指導者の部が面白かった!!皆さん普段から「表現」を生徒さんに教えている方々ばかり。

その個性豊かな指揮ぶりが見事でした!!

 

 

 

 

なんて楽しそうな・・・(^^♪

 

 

|08:58| 石井晶子関係のイベント | - | trackbacks(0) | posted by 石井晶子(いしい あきこ) - -
| 1/75 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.